映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【スターシップ・トゥルーパーズ】★★☆53点
スターシップ・トゥルーパーズ [DVD]スターシップ・トゥルーパーズ [DVD]
(2006/01/25)

【製作】 1997年、アメリカ
【監督】 ポール・ヴァーホーヴェン
【出演】 キャスパー・ヴァン・ディーン、ディナ・メイヤー
(SF・アクション)
商品詳細を見る
(あらすじ)
時は未来。人類は巨大昆虫型異生物“バグス”との宇宙戦を繰り広げていた。
そんな中、ハイスクールを卒業したジョニーは、憧れの女の子にいいところを見せようと地球連邦軍に入隊。
苛酷な訓練を受け、やがて戦場へと赴いていくが…。


痛快!?無謀!?人類VS昆虫戦争!!
前情報で、この映画は相ー当ーグロイと聞きおよび、
気になるけれど、見たら後悔するだろうと、手をだしてませんでした。

結果、なんで今まで見てなかったんだあああ!?と別の意味で後悔。
前情報どおり、グロイわ、ブラックユーモアだわ、予想をナナメ上いく、ド展開。
「アリエネー」と思っていたのも、しだいに慣れてくるから怖い。

主人公ジョニーが所属するのは歩兵部隊。
マシンガン片手に、巨大昆虫(複数)と渡り合おうってんですから、無理すぎる!!
それはそれは、多くの仲間たちがバラッバラにされてゆきます・・・
宇宙戦までするような高度な文明を持っているのですが・・・なんで歩兵?
自分だったら歩兵部隊に配属されたら、即効逃げます。ハイ。

そんな熾烈な戦線の中で揉まれていく主人公。
ぼっちゃん顔だったのが、だんだんと凛々しくなっていくのがわかります。
歩兵部隊、熱いっすわー!

相対するバグス達はというと、キリギリスっぽいのから、でっかいゲンゴロウ、芋虫までてんこ盛り・・・
虫が苦手な人は、止めたほうがいいです・・・
しかも、宇宙空間の隕石を操作して、地球を攻撃するという、
なんとも高度な事もやってのける凄いヤツら!・・・ア、アリエネー!

あと、この映画の監督、「ロボコップ」の監督さんだったのですね。
本編にちょくちょ流れる、悪趣味な企業CM。
どこかで見たことあるようなと思ってたら、同じ人でした。アイヤー。
なんとここのシリーズ、3まで続いているじゃないですか!
時間があれば、続編もアタックしてみたいと思います。

何気にハマっている気がする・・・ranking にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト


【落下の王国】★★★★88点
ザ・フォール/落下の王国 特別版 [DVD]ザ・フォール/落下の王国 特別版 [DVD]
(2009/02/11)

【製作】 2006年、アメリカ イギリス インド
【監督】 ターセム
【出演】 リー・ペイス、カティンカ・アンタルー
(ファンタジー・ドラマ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
映画の撮影中に怪我を負い病院のベッドで寝たきりのスタントマン、ロイは、
重なる不運に自暴自棄になっていた。
そんな彼の前に現れたのは、同じ病院に入院していた5才の少女アレクサンドリア。
ロイは自殺しようと薬を手に入れるために、アレクサンドリアを利用することを思いつく。
そして、彼女の気を引こうと、6人の勇者が世界を駆け巡り、悪に立ち向かうという、
世界にたったひとつしかない冒険物語を聞かせ始める。


ありがとう!ありがとう!
視聴後、思わず手を叩きなくなるような、心が弾むお話でした。

ちょっとおませで、おてんばなアレクサンドリア。
彼女のほがらかな笑顔は、病院内の大人たちからも愛されています。
そんな彼女が興味を引いたのは、寝たきりのロイ。
そして彼の話す、冒険物語。

作り話と現実を行き来しながら、進行してゆきます。
突然切り替わる、そのカットにハっとする事度々。
世界中の遺跡を舞台とした、その世界はまるで幻想の世界
コントラストの効いた画面に、しだいにその世界に引き込まれてきます。

続きを聞かせて!とせがむ彼女を、ロイは利用しようと試みますが、
彼女の幼さゆえか、はたまた拙い優しさゆえか、彼の計画はしばしば失敗してしまいます。
しだいに、ロイの冒険物語は、破滅へと進んでゆきます。
殺さないで!と訴えるアレクサンドリア。

冒険物語を通して見えてくる、ロイの悲しみと絶望。
しばしば物語へ横槍を入れては、ロイを必死に繋ぎとめようとする
アレクサンドリアはいじらしくて、ほんと可愛い!
そんなアレクサンドリアに、私も心優しい気持ちにさせられました。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【パンズ・ラビリンス】★★★☆74点
パンズ・ラビリンス 通常版パンズ・ラビリンス 通常版
(2008/03/26)

【製作】 2006年、アメリカ、スペイン、メキシコ
【監督】 ギレルモ・デル・トロ
【出演】 イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ他
(ファンタジー・ドラマ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
内戦で父を亡くしたオフェリアは、母の再婚相手のヴィダル大尉の元に身を寄せるが、
彼は残忍な本性をちらつかせる。
孤独と不安に苛まれ、森を彷徨うオフェリアが足を踏み入れたのは迷宮。
彼女の前に現れたパン(牧神)は「魔法の国のプリンセスに違いない。
それを確かめるためには、3つの試練を克服しなければ」と言うのだった…。



近年のファンタジー・ブームを、ピリリとしめるかのようなシリアス作品でした。

ファンタジー=子ども向け、ではないと常々思っていたのですが、
やってくれました、パンズ・ラビリンス。
大の大人が見ても、痛々しさに目を瞑りたくなる作品でした。
内戦中のスペインを土台に、オフェリアが現実とフェアリー世界とを行き来して
ストーリーが展開されてゆきます。

緊迫した不穏な空気が漂う現実以上に、フェアリーの世界はおどろおどろしく、
混迷に満ち溢れています。
出てくる妖精達も、かわいいと思える容姿・・・ではない。
そしてオフェリアに淡々と試練を与え、静観しています。
試練を乗り越えていくオフェリアですが、ある失態をしてしまったことから、
妖精達に見放され、現実世界でも孤独に追いやられていきます。

さて、オフェリアの養父である大尉が、サディストで画面に出てくるだけで怖い。
ナイフで刺されても屁のカッパ。マッチョすぎる・・・
もう、早く死んでくれ!と願わずにはおれんです。
フェアリー界のモンスターも、ぎょっとするようなビジュアルでしたが、
大尉のほうがマジで怖い。
やー、生きてる人間が一番怖いって話なんでしょうか・・・

冒険活劇ファンタジーに飽きた人は、ぜひブラックの効いた本作をどうぞご覧あれ!

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ

パンズ・ラビリンス DVD-BOXパンズ・ラビリンス DVD-BOX
(2008/03/26)
イバナ・バケロダグ・ジョーンズ
商品詳細を見る


【マーズ・アタック】★★★☆72点
マーズ・アタック!マーズ・アタック!
(2008/04/11)
【製作】 
【監督】 ティム・バートン
【出演】 ジャック・ニコルソン
(SF・アクション)
商品詳細を見る
(あらすじ)
ある日、ハッブル宇宙望遠鏡が、円盤の大編隊を確認した。
慌てたデイル大統領はスタッフを召集し、彼らが火星人であると知り、
友好的だと判明すると、ネバダ州の砂漠でついに火星人と対面することに。
世紀の瞬間をテレビ中継で見守る人々。
だが火星人はレーザー兵器で人々を虐殺し始めた!


火星人の、あのムキダシの脳みそっぽいビジュアルもインパクト大ですが、
大御所の役者のうさんくさい芝居や、皮肉めいたシナリオなど、
全てがナナメ45度でひねくれてます。(笑)
これぞ、ティム・バートン節!?
バートン作品は、あまり詳しくないですが、マーズアタックの雰囲気は好きです。

さて、この火星人。友好的なフリして、思いっきり地球を征服してきます。
各国の首脳を襲い、都市を次々侵略していきます。
おもちゃのような光線銃が主力武器で、殺人光線を浴びると一気に白骨化!
多くの人間が、この殺人光線の餌食になってしまうのですが、その様が悲劇に見えないのは不思議・・・
まるで、ラムちゃんの電撃を受けたような光景が繰り広げられます。
ナナメすぎるよ、バートン監督!

一方的に侵略されていく人間側ですが、そこここで人々が立ち上がり、対抗します。
そして、火星人の意外な弱点が!!
この辺のくだりは、とてもハートフルな展開で良いですね。
ただ、火星人の死にっぷりがホラーなので、あったまったハートは一気に冷める感じです。
手ごわいなーバートン監督!

役者では、大統領を演じるジャック・ニコルソンが良いです!
このジャック大統領は、頼りになりそうで、頼りになりません・・・
マイケル・J・フォックスやピアース・ブロスナンも出演していますが・・・
これもおいしい役どころです。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【ジュラシック・パーク】★★★66点
ジュラシック・パーク  (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾)ジュラシック・パーク (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾)
(2007/09/13)

【製作】 1993年、アメリカ
【監督】 スティーブン・スピルバーグ
【出演】 サム・ニール、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラム 他

(SF・アドベンチャー)
商品詳細を見る
(あらすじ)
一人の裕福な企業家がDNAから恐竜を蘇らせ、
孤島に史上最大のリゾート地を建設しようとしていた。
その名は“ジュラシック・パーク”。
モニターとして子供を含む6人が招待され園内を巡るが、
安全対策は万全だったはずのパーク内で恐竜たちが暴れ出し、人間に襲いかかってきた。
それはいまだかつて体験したことのない壮絶なサバイバル・アドベンチャーの始まりだった・・・。



巷で流行の「モンスター・ハンター」を買って、初めて遊んでみたのですが・・・
恐竜が苦手なんだと、、気付きました・・・
か、狩れない・・・。

「ジュラシック・パーク」を見直してみたんですが、
小さくても、大きくても、そこそこの大きさでも、恐竜ってコエーー!
一作目ではティラノザウルスが王者の風格よろしく、おいしいところを持っていきますが、
人間サイズのすばしっこい肉食獣が、一番やっかいかも。
ちっこいヤツラに、集団で襲われるプレイも恐怖・・・!

そんなわけで、恐竜と共存するのは、ちょっと無理な気がしました。
爬虫類独特の無機っぽさが、怖いのかなあとか自己分析してみるも、恐怖は薄れない。(苦笑)
今頃になって、自分の不得意科目がわかって、どうしようかという感じなのですが、
目下の問題は、モンスターハンターを継続してできるのかどうか・・・(汗)

閑話休題、本作でサム・ニールが出演していたのにも、今頃気付きました。
ここでも、たくましいパパンを演じています。
この人についてゆけば生き残れそう!というオーラが出ていますね。
逆に細身の博士タイプは餌食に。
シリーズを通して、だいたいこのタイプは餌食になっている気が。

テーマパークは、安全なところから見ているから楽しいものなんだと勉強になりました。
なので、狩りに行くのはちょっとむずかしい・・・かな。(汗)

肉はこんがり焼けましたー!ranking にほんブログ村 映画ブログへ

『ジュラシック・パーク』製作15周年記念 スペシャルDVD‐BOX 【初回生産限定】『ジュラシック・パーク』製作15周年記念 スペシャルDVD‐BOX 【初回生産限定】
(2008/07/10)
サム・ニール
商品詳細を見る




Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。