映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【墨攻】★★★★83点
墨攻 [DVD]墨攻 [DVD]
(2009/01/28)

【製作】 2006年、日本 韓国 香港 中国
【監督】 ジェイコブ・C・L・チャン
【出演】 アンディ・ラウアン・ソンギ
(アクション)
商品詳細を見る
(あらすじ)
紀元前370年頃の中国。
趙と燕の国境にある粱城は、趙によって攻撃されようとしていた。
10万の趙軍に対し、梁城の全住民はわずか4000人。
趙の大軍に攻め込まれようとしていた梁の王は、防衛の専門集団である墨家に助けを求める。
しかし、現れたのは革離という戦術家ただひとりだった。
兵に関する全権を粱王から与えられ、早速城を守る準備に取りかかる革離。
趙軍の指揮官・巷淹中は革離を好敵手と見なし、やがて激しい攻撃を開始する。



久々にキマシター!!
シチュー片手に見てる場合ではなかったよ!自分!

職場の仲間に借りたんですが、食べてたシチューを鼻から出すほど痺れました!
(ちょっとしか出してないけどネ!)

墨家は戦闘集団というより、思想家の集団だと思っていたのですが、
思想を実現するための”力”も備えた集団のようです。
その奇異ともいえる策によって、幾度も敵を退けます。

戦術がすばらしいほど、敵は死んでゆき、味方は革離を称えます。
しだいに違和感を感じてゆく革離。
思想と現実の間で揺らぎながらも戦い続けます。

アンディ・ラウ演じる革離の渋さもええですが、
粱城にいる弓兵のお兄さんがCOOOOL!
黙々と弓をつがえる姿が職人気質でいいですねえ。
一点突破型の戦法はシビれます。ガクガクガク・・・

戦いの派手さに押されがちですが、戦争における悲哀も淡々と描かれています。
久々にズンときた作品でした。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーサイト


【ウォンテッド】★★★★83点
wanted

【製作】 2008年、アメリカ
【監督】 ティムール・ベクマンベトフ
【出演】  アンジェリーナ・ジョリー 、 モーガン・フリーマン 、 ジェームズ・マカヴォイ
(アクション)

(あらすじ)
ウェズリーはルーティン・ワークにウンザリしている普通の若者。
しかし彼の運命は、セクシーで謎めいた女フォックスとの出会いによって激変する。
ギリシャ神話の時代から、神に代わって“運命の意志”を実践してきた秘密の暗殺組織“フラタニティ”。
ウェズリーはその王位を継承する選択を迫られるのだが…。


世の中の大多数は、アンジー目当てだと思われるんですが、
私はとにもかくにも、マカヴォイ!!
半年前からクラウチングスタートの体制で待ってましたYO!(おい)
キャスト目当てだけで映画を視聴すると、だいたい痛い目に合うんですが、
アドレナリンが沸くようなショッキングな作品でした。
深刻なネタバレはなしで早速レビューしたいと思います。

うだつのあがらないウェズリーが、暗殺組織に入ったことで、世界が180度変わります。
暗殺者になるため、トレーニングを積むのですが、これが非常に痛い!ビジュアル的に。
包丁ぶん回して格闘とか、もうマジ無理!すんません!って感じです。

さまざまな痛ーい試練を乗り越えて、一人前の暗殺者になったウェズリー。
平凡な予定調和の毎日を抜け出したはずの彼ですが、
いくつもの思惑の中で生かされていたことを知ります。
真実を知ったときのウェズリーのキレっぷりはハンパないです。
「ラストキング・オブ・スコットランド」の時のような追い詰められたような虚ろな目で、
突っ込んでゆきます。

そして一番の特徴というべきか、映像が独創的でぶっ飛んでます。
どこかで見たような・・・と思っていたら、「ナイト・ウォッチ」シリーズの監督さんだとわかり納得。
ブレた画面が多く何がなんだかわからないところもありますが、「巻き戻し」演出や
スローモーションの使い方は面白かったです。
ラストバトルでの、ウェズリーの走りながらのガンアクションは、ありえない続きでシビれましたね!

視聴後は脳内でアドレナリンが溢れていたのか、夜の街並みが鮮明に見え、
思わずカーチェイスしたい衝動に駆られました。
まあ、チャリンコで住宅街を全力疾走してやりましたけどね・・・・フッ・・・

wanted


ランキング投票よろしくお願いしまっす!ranking にほんブログ村 映画ブログへ

Wanted [Original Motion Picture Soundtrack]Wanted [Original Motion Picture Soundtrack]
(2008/06/24)
Ann Atkinson、
商品詳細を見る


【ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝】★★☆51点
ハムナプトラ3
 【製作】 2008年、アメリカ 
 【監督】 ロブ・コーエン
 【出演】 ブレンダン・フレイザー 、ジェット・リー

(あらすじ)
“シャングリラの目”と呼ばれる巨大なブルーダイヤを返還するため、
外務省の依頼で上海にやって来たリックとエヴリンは、
現地で遺跡の発掘にいそしんでいた息子アレックスと再会。
そんな中、アレックスの発掘した皇帝のミイラが生き返る事件が発生する。


第三次ミイラ大戦!
ゾンビも気になりますが、ミイラも気になるぞ!ッということで、家族ともども観にいきました。

インディ・シリーズに継ぐポジションになりつつあるハムナプトラ・シリーズですが、
1作目2作目は、まともに見ておりません。 
スピンオフ作品である「スコーピオン・キング」はバッチリ視聴しているんですが・・・(ロック様ー!)

そんなミーハーすぎる私ですが、これだけはわかりました。
2作目から数年経って、子供も大学生になったというのに、
ブレンダン・フレイザーは若作りだとッ!
・・・・
・・・・?あれ、違ったかな。
じゃあ、映画「英雄~HERO~」は、本作のスピンオフ作品だったんだとッ!
・・・・
・・・・?これも違いますか。(汗)
あ!エヴリン役が、レイチェル・ワイズでなかったああッ!

例のごとく、素直な眼差しで見れませんでした。
中国4000年の秘術を行うのに、なんで呪文の詠唱が英語なの!?とか
ミッシェルお姉さんにもツッコミたいんですが、ああいいううええおおぉ。

ミイラを互いに復活させて戦わせるのは面白かったです。
攻撃するたび、上腕骨やら大たい骨やらが飛んでいく、ミイラの姿はシュール。
あと、飛び入り参加のキャラが衝撃的でした。
やっぱ、いたんだな、イエティーは。
家族一同、ほんわかとした笑みで劇場を後にしました・・・

ミイラも可愛いなあ~ranking にほんブログ村 映画ブログへ

ハムナプトラ/失われた砂漠の都 デラックス・エディション (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾)ハムナプトラ/失われた砂漠の都 デラックス・エディション (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾)
(2007/09/13)
ブレンダン・フレイザー.レイチェル・ワイズ.ジョン・ハナ.ケビン・J・オコナー.アーノルド・ボスルー
商品詳細を見る
ハムナプトラ2/黄金のピラミッド   (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾)ハムナプトラ2/黄金のピラミッド (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾)
(2007/09/13)
ブレンダン・フレイザー.レイチェル・ワイズ.ザ・ロック.ジョン・ハナ.アーノルド・ボスルー
商品詳細を見る


【処刑人】★★★☆76点
処刑人処刑人
(2001/06/08)
【製作】 1999年、アメリカ
【監督】 トロイ・ダフィー
【出演】 ショーン・パトリック・フラナリー、ノーマン・リーダス 他
(アクション)
商品詳細を見る
(あらすじ)
サウスボストンに住むコナーとマーフィーのマクマナス兄弟。
二人は行きつけのバーでロシアン・マフィアとトラブルを起こし、自宅を襲撃され相手を殺してしてしまう。
事件は正当防衛が認められ無事釈放されるが、留置場の中で彼らは、
神から“悪人を処刑せよ”との啓示を受けていた。
出所した兄弟は早速大量の武器を調達し、ロシアン・マフィアのボスが集まるホテルへ向かう……。



マクナマス”美形”兄弟に、メロメロ~。
撃ち殺してくれ~とのたまわんばかりに惚れ惚れいたしました。

頭が切れて、ルックスも良く、語学堪能。
そして妖しいぐらいに、兄弟仲が良い。(笑)
兄ちゃんは熱血漢で正統派のハンサム、弟は憂いを秘めたヤンチャなハンサム、という感じでしょうか。
ロシアン・マフィアに殺されそうになる弟を救うべく、とったお兄ちゃんのアクションには腰ぬかします。
そして、拘置場の中で神の啓示を受けるシーンも、妖しさ爆発で腰抜かします。(笑)
女子は、この兄弟にキュン死させられますよ。
うあぁぁ~たまらんなあ~~。

そんな彼らの脇もすごいです。
マフィア達に制裁を加えていく兄弟たちの、跡を追いかけるFBI捜査官スメッカーを
ウィレム・デフォーが怪演!
捜査方法が独特で、他の捜査官も「おいおい、ちょっとちょっと・・・」と戸惑っています。
またスメッカー捜査官はゲイでして、仕草にそういう雰囲気が漂っていて、端々で面白いです。
ラスト付近でもえらい事やらかしてくれます。もう、楽しんでるとしか思えないデフォー。

あとは、兄弟のなじみの店の主である、おじーちゃん。
何かあるたび、「ファーーーック!!アーーーース!!」と叫んでます。
近くにいたシスター達はドン引きですよ。
このおじいちゃんはきっと死ぬまで、こんな感じなんだろうなあと心が温かくなります。(笑)

と、この他にも濃ゆい面々が出てきます。
内容に宗教を含んでいて、幾分過激な解釈がされているので、
放映当時、アメリカ本国では上映中止になった館が続発だったそうですが、
そういう思想的な事をのぞけば、普通に面白いアクション映画だと思います。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ




Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。