映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ストレンジ・デイズ】★★★65点
ストレンジ・デイズ [DVD]ストレンジ・デイズ [DVD]
(1999/04/21)

【製作】1995年、アメリカ
【監督】キャスリン・ビグロー
【出演】レイフ・ファインズ、アンジェラ・バセット 他
(サスペンス)
商品詳細を見る
(あらすじ)
1999年12月30日。
他人の体験を感じることのできるディスクを闇販売しているレニー(レイフ・ファインズ)のもとに、
元恋人のフェイス(ジュリエット・ルイス)の友人が殺される瞬間を記録したディスクが届けられた。
次はフェイスが危ないと察知した彼は、2000年を目前に控えて沸き返る
おおみそかのロスの街へと急行する……。



ダメ男とオカンとビッチの、ドキドキ・サスペンス・アクション!

以前から、「この映画のラストシーンが良い!」「エンディング曲が良い!」と聞いて、
youtubeの抜粋シーンを何度か見ていたのですが、どこにもレンタルが置いてないので、ついに購入。
またうちの変態映画BOXの一員になってしまいました。

ダメ男&ヘタレ&体力ないの、三拍子そろったレニーを、
なだめすかして見守る、友人ののルイス(アンジェラ・バセット)がなんとも良い人です。
きっちりした性格に合った、フォーマルな装いがカッコイイ女性です。
けれど、こういうしっかりした女性より、フェイスのようなビッチに男は惹かれちゃうもんなんですよね。
ルイスがあまりに良い人すぎて、見ていて辛い。

サスペンスの内容は、まあ、なんといいますか、「え?アンタが犯人!?」と意外すぎて、
どうでも良かったと言いますか、底の深い感じはしませんでした。
それよりも、退廃的な雰囲気を楽しんだほうがいいかも。
ラストシーンは、何度見ても不思議な感じで、空を埋め尽くさんばかりの紙ふぶきは、ドラマチックです。
終わり方も、納得。でした。

しっかし、ジュリエット・ルイスは、ビッチ役のイメージしかない。
最近はバンド活動をしてるようですが、似合いすぎだ、ジュリエット。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト


【ラスベガスをぶっつぶせ】★★★65点
ラスベガスをぶっつぶせ [DVD]ラスベガスをぶっつぶせ [DVD]
(2008/10/22)

【製作】 2008年、アメリカ
【監督】 ロバート・ルケティック
【出演】 ジム・スタージェス、ケヴィン・スペイシー
(サスペンス・ドラマ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
マサチューセッツ工科大学の学生ベンは、天才的な数学力をローザ教授に見出され、
ブラックジャックの必勝法(=カード・カウンティング)を習得するチームに誘われる。
進学したい大学への30万ドルという高額な学費を稼ぐため、ベンは仲間とともにトレーニングを続け、
卓越した頭脳と巧みなチームワークを駆使してラスベガス攻略に挑む!


これぞアメリカン・ドリーム!
ロボット製作に没頭していた冴えない工学生ベンが、
その天才的な能力によって、夢のような大金と生活を手に入れ、
そして学園一の美女とも恋仲になる様は、まさにアメリカンドリーム。

けれど、曲者教授・ローザ(ケビン・スペイシー)の介入によって、ベンの人生はかき回されます。
やがて物語は、ローザ教授との対立に発展してゆきます。
ケビン・スペイシーの曲者っぷりはさすがというか、実に胡散臭いです。

一見、単純なストーリーかと思いましたが、互いに騙しあい、凌ぎ、ストーリーが転々とします。
そこが見所でしょうか。

カウンティングの方法がいまいちわからなかったので、彼らがどうすごいのか
よくわからなかったんですが(汗)、勝つには相当の能力が必要そうです。
そして、冷静な客観性と度胸も必要だそう。
私もちょっと博才が欲しいなあ

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【羊たちの沈黙】★★★★88点
羊たちの沈黙 (アルティミット・エディション) [DVD]羊たちの沈黙 (アルティミット・エディション) [DVD]
(2008/09/26)

【製作】 1990年、アメリカ
【監督】 ジョナサン・デミ
【出演】 ジョディ・フォスターアンソニー・ホプキンス
(サスペンス)
商品詳細を見る
(あらすじ)
女性を誘拐し、皮を剥いで殺害する連続殺人事件の捜査を任命されたFBI訓練生のクラリス。
彼女に与えられた任務は9人の患者を惨殺して食べた獄中の天才精神科医レクター博士に協力を求め、
心理的な面から犯人に迫ることだった。
レクター博士は捜査に協力する代償に、彼女自身の過去を語らせる。
息詰まる心理戦の果てに導き出された答えとは──?


レクター(アンソニー)博士降臨!

子どもの頃に見たときは、なんでこれがアカデミー賞なんだろ?とよくわからなかったのですが、
大人になってから見たほうが、が然面白い!

まず、ジョディ・フォスター演じる、クラリス捜査官の初々しさと青っぽさが可愛い!
女性捜査官ゆえの、周りからの無言のプレッシャーを、凛とした態度で対応する姿が好きです。
そして最凶最悪の、ハンニバル・レクター博士との対話(対決?)は、
常に緊張感が漂っていて、たわいない会話でもドキドキ!
最初はクラリスを鼻であしらっていたレクター博士も、しだいに彼女を認め、対等に扱うようになります。

そして、バッファロー・ビル事件と、レクター博士との対決、という二つの事象が同時進行しているのですが、
レクター博士のほうが何倍も怖い!
言葉だけで人を殺すほどのキラー・スキル!
アンソニー・ホプキンスの怪演が爆発してます。
ほんとクラリス以外の人間は、博士にに近づかないほうが良さそうです・・・

余韻を残すような、ラストも印象的です。
メイキングと合わせて見ると、演出やちょっとした効果の意図がわかって楽しいですよ。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【デッド・カーム 戦慄の航海】★★☆50点
デッド・カーム 戦慄の航海デッド・カーム 戦慄の航海
(2006/11/03)
【製作】 1988年、アメリカ
【監督】 フィリップ・ノイス
【出演】 ニコール・キッドマン、サム・ニール 他
(サスペンス)
商品詳細を見る
(あらすじ)
最愛の息子を交通事故で失ったジョンとレイの夫婦は傷を癒すべくヨットで海の旅に出たところ、
小型ボートで漂流していた男ヒューイと遭遇した。
しかし、ヒューイはジョンを沈みかけている自分の船に置き去りにし、
ヨットを乗っとってレイとふたりきりになり…。


「狙われた人妻シリーズとして、某TV局で放送されていたのをたまたま見たのですが、
見所は、サム・ニールのたくましさと、ニコール・キッドマンの初々しさでしょうか。
ボートでやってきた迷惑男は、最初から最後まで暑苦しくて迷惑なキャラでした。

ヨットで航海中の夫婦のもとにやってきた謎の男ヒューイ。
聞けば仲間は全て病死し、ほうほうの体で逃げ出してきたとこのこと。
海軍に勤めるジョンは、その船を確認しようとしますが、
ヒューイは突然怒り出し妨害しようとします。
そしてジョンは、ヒューイが乗っていた沈没船に取り残され、
レイはヒューイと二人きりになってしまって、さあ大変!

水浸しのエンジンルームに潜って、エンジンを直すジョン!
沈没船内の僅かな機器を駆使して、交信を試みるジョン!
あまつさえ、ヒューイの情報も調査するジョン!
海の男は強いわあ・・・・と、惚れ惚れ。
こんなたくましい夫がいたら、サバイバルも安心ですね☆

さて、迷惑男と二人きりになってしまったレイ。
こちらもあの手この手を使って、夫を救い出そうとしますが、苦難続き。
そんな苦難の中で、傷心だった彼女はだんだんと強く成長していきます。

さて、ボートでやってきた迷惑男ですが、もう顔面からして暑苦しいのですが、
ワーワーキャーキャー騒ぐので、イライラしっぱなしでした。
一体何をしたかったのはわからない彼ですが、こういうはた迷惑な人とは海では遭遇したくないですねえ。
ラストは蛇足的な印象もうけましたが、海の男が決めてくれました!
キュウゥゥン!

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【リード・マイ・リップス】★★★☆74点
リード・マイ・リップスリード・マイ・リップス
(2004/04/23)
【製作】 2001年、フランス
【監督】 ジャック・オーディアール
【出演】 エマニュエル・ドゥヴォス、ヴァンサン・カッセル 他
(サスペンス)
商品詳細を見る
(あらすじ)
土地開発会社に勤めるカルラは難聴というハンディキャップを抱えていた。
仕事は退屈なルーティンワーク、恋人もいない私生活、彼女は常に孤独だった。
そんなとき、保護観察中のポールが彼女のアシスタントとしてやってきた。
出所したばかりの彼は、ワイルドであやしい魅力を秘めた男。
カルラはポールに興味を持ち始めたが、彼は彼女は読唇術の持ち主であると知ると、
自分が企てた犯罪に協力させようとする。


この頃はきっと変態映画に飢えていたんだと思われます。
前回の「ストリッパー パリ18区」といいジャケットやタイトルが、露骨ですねえ・・・(汗)
これもフランスものですが、久々に当たりかなと思える1本でした。

カルラは、ハンディキャップを持っていますが、それ以上に彼女の性格は
社会生活を送るには、少々やっかいな性格。
服装や髪型にも彼女の堅固で孤独な性分が表れています。
正直、第二のエリカ先生(byピアニスト)かと思い、身構えてしまったんですが、
その認識は見ていくうちに和らいでいきました。

さて、ギスギスしたオフィスの中で、新たに助手を募集することになったカルラ。
まるで恋人を募集するかのように、受付嬢にオーダーする様は、ちょっと滑稽です。
そして、やってきたポールは、カルラの希望通りの男性。
仕事にかこつけて、彼に干渉し、過去を持ち出しては利用します。
それが逆に、カルラがポールのトラブルに巻き込まれてしまいます。

難聴がゆえに身に着けた読唇術。
犯罪と知りつつも拒めず、ポールに渋々従うカルラ。
この独身術が重要なキーを持っています。

さて、この二人の話の他に、サイドストーリーも同時並行で展開されています。
ぶっちゃけ「はあ?」となりましたが、これもキー要素になっているようです??

カルラについて少々追記を。
ポールに関わるようになって、彼女の閉鎖的な性格も開放的になり、
容姿からもその変化が見て取れます。
男性によって性格がプラス方向に改善されちゃったんですね。
エリカ先生の場合は、マイナス面に働いちゃったけど・・・
この点が救われたかなと思えるところです。

あと、ヴァンサン・カッセルの鼻が異常に高くてびっくり!
他作品では、そこまで思わなかったのに、本作では別人かと思うようなシャープさでした。
あの鼻はマジすごすぎるぞ!

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ




Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。