映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【Be Kind Rewind】公開前
夜中に友人とメールしていたら、ある映画をプッシュされ、ググって見たら
あまりのバカ映画丸出しで(ホメ言葉)腹筋が壊れそうになりました。
なので、私も全力でプッシュだぁぁあ!!

Be Kind Rewind

【製作】 2008年、アメリカ
【監督】 ミシェル・ゴンドリー
【出演】 ジャック・ブラック、モス・デフ、
【公開予定】 2008年2月(アメリカ)、日本では今春公開予定?
【公式サイト】Be Kind Rewind

(あらすじ)
ジェリー(ジャック・ブラック)
はある日、高圧電線に触れて強烈な磁気を帯びてしまい、その手で
友人(モス・デフ)が働くレンタル店のテープを全部消去してしまう。
そこへ、ビデオテープを借りにお客が! 彼らは、急遽自分たちで過去の名作を自作する、、、
が、これがバカ受け!かくして、二人はあらゆる作品を自作していく・・・


このリメイク製品のことを、彼らは「スウェーデン製」だと客に説明します。
よって、いろんなメジャー作品(ゴーストバスターズ、ロボコップ、2001年宇宙の旅、ラッシュアワーetc..)がスウェーデン製品化されてゆきます。
映画のスウェデ化に必要なものは・・

・製作費・・・百円ぐらい?
・用意するもの・・・その辺の生活用品(鍋のフタ、モール、鉄くず、マシュマロ、ダンボール等)

あとは、各自の創意工夫で。

まあ、そのスウェデっぷりをトレーラーで見たってください。
【Be Kind Rewind トレーラー】

オリジナル作品が好きな方には、かなりの陵辱っぷりかと。
ブラック・ユーモアが好きな方には、爆笑必至だと思います。
私はこういう大バカっぷりが、可笑しくて愛しいのでたまらんのですけどね!
オサレな映画もよろしゅうございますが、ゲテモノもまたウマシ!なのです。

蛇足ですが、すでにこの映画に倣って自作映画を作っちまう輩が登場。(勇者だ!)
スウェーデン製「ダイハード」なんてのが実在するようです・・・(笑)
Youtubeの動画をリンクしときます。【スウェデ製 ダイハード】
出演者の口の端が微妙に引きつってて、笑いを押し殺してる様がまた笑えます。
ムダに熱すぎる・・・!そしてショボすぎる・・・!

「Be Kind Rewind」とともに、ランキング投票もよろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト


【ペネロピ】★★★★☆90点
試写会で見てきました「ペネロピ」!
前情報で知ったときから、見たくて仕方がなかったこの作品。
公開日は3月1日ですので、ネタバレなしでご紹介いたします。


(あらすじ)
主人公のペネロピ(クリスティーナ・リッチ)は裕福な家庭の生まれだが、
先祖が魔女にかけられた呪いのせいで、豚の鼻を持って生まれてきた。
呪いを解く方法は、同じ身分の人間が、彼女を死ぬまで愛すると誓わなければならない。

両親は呪いを解こうと何とか娘を結婚させようとするが、彼らはペネロピの姿を見ると、逃げていくばかり。
そんな中、一人だけペネロピの姿を見ても逃げなかったマックス(ジェームズ・マカヴォイ)と出会う―

【製作】 2006年、イギリス/アメリカ
【監督】 マーク・パランスキー
【出演】 クリスティナ・リッチ ジェームズ・マカヴォイ キャサリン・オハラ ピーター・ディンクレイジ
リチャード・E・グラント サイモン・ウッズ ロニ・アンコーナ レニー・ヘンリー リース・ウィザースプーン 他

【公開情報】 劇場公開(東京テアトル=デスペラード)
【初公開年月】 2008/03/01


で、豚鼻のペネロピ―もといクリスティーナ・リッチがコレ
子役時代から変り種な役柄が多い彼女ですが、さすがというか似合ってる。
むしろ可愛いぞ!作中でも、とってもチャーミングでポジティブな彼女です。

ペネロピ(クリスティーナ・リッチ)

彼女を一目見た見合い相手は、窓を突き破って逃げるほどのオーバーリアクションなのですが、
そこまで怪物扱いせんでも・・と突っ込まずにはいられない。

さて、そんなペネロピが恋する青年マックス(ジェームズ・マカヴォイ)はコチラ。

マックス(ジェームズ・マカヴォイ)

ジェームズ・マカヴォイの知名度は、日本ではまだまだだと思うんですが、
08年3月以降に公開される作品に、立て続けに出演すると思うので、ブレイク必至!!
作品ごとに全くといっていいほど、印象がガラリと変わる性格俳優。
アングラ系やスプーキー系の役柄を演じたら、ドンピシャだと思うので、
今から多量にツバつけてます、はい!
作中では、楽しそうにはしゃいでいたと思えば、悶々としたり、怒ったりと表情がくるくると変わるキャラでした。

ペネロピ

閑話休題。意気投合し、親交を深めていくペネロピとマックス。
しかしそこには、ペネロピの存在を探る新聞記者や元見合い相手の策謀が。
結局、ペネロピはマックスに失恋し、悲しみと孤独の底で、彼女は自立することを決意する!
初めて外出したペネロピは、自由に生きる喜びを実感してゆく・・・

ペネロピの表情が、だんだんと生き生きしていく様は、見ていて楽しかったです。
自分の幸せは自分で掴む。そんなヒロインのパワフルさがとても良かった。
そんなペネロピの周りの人間も個性的
友人のアニー(リース・ウィザスプーン)はサバサバとした姉御肌でいい女!
彼女のハニー・ビーのコスプレ姿もひそかに必見です!
ペネロピを探り続けていた記者のレモン氏の、愛嬌のある仕草も会場の笑いを度々誘っておりました。

さて、ペネロピの掴んだ幸せの結果は、劇場にてご確認ください~
また見に行くぞー!

Blogランキング、よろしくです ranking にほんブログ村 映画ブログへ

ペネロピ (ハヤカワ文庫 NV ケ 6-1)ペネロピ (ハヤカワ文庫 NV ケ 6-1)
(2008/01/08)
マリリン ケイ、リース・ウィザースプーン(序文) 他

商品詳細を見る




Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。