映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ジョーズ】★★★★★・・・
ジョーズ 30th アニバーサリースペシャル・エディションジョーズ 30th アニバーサリースペシャル・エディション
(2006/11/30)
【製作】 1975年、アメリカ
【監督】 スティーブン・スピルバーグ
【出演】 ロイ・シャイダー、ロバート・ショウ 他
(ホラー・パニック)
商品詳細を見る
(あらすじ)
ある初夏の晩、海岸からひとりの若い女性が消えた。
翌日、浜辺に無惨な彼女の遺体が打ち上げられ、平和な観光地アミティは騒然となる。
警察署長ブロディは、この事件を巨大な人喰い鮫の仕業と判断。
海岸を閉鎖するように提案するが、貴重な収入源である海水浴客を失うとして、
市長から猛反対にあってしまう。
だが間もなく、海水浴を楽しむ人々から第二の犠牲者が!責任を感じたブロディは、
鮫狩りの達人クイント、海洋学者フーパーとともに船に乗り込み、
沖合いを目指すが、それは想像を絶する死闘の始まりだった・・・。



マイ・トラウマ・シネマDETH・・・
私はこれのおかげで、未だに海で泳ぎたくありません。日本海ですら嫌です。

また幼い頃、母親と映画を見に行ったとき、たまたま子供用映画が放映していなかったからという理由で、
当時放映していた「ジョーズ'87 復讐篇」を見せられるという、
虐待にも等しい行為で、トラウマ激化。
うっかりにも程がありますよ、お母さん・・・
さて大人になったので、これも洗礼の一つだと思って、見てみたんですが・・・

コ・・・ワ・・ク・

・・ワ・・・レ・・・・

ル・・ヤ・・・ツ・・

・・クゥル・・・

・・ムポ@?

*!・・・



・・・全然克服できませんでした。
ジョーズさん、ほんま、すんませんでした!
おまけに、アマゾンで検索してみたら、「30thアニバーサリー」なんてものも出てるし!
祝えるかああぁぁ!!断じて祝えるかあああ

傷口に辛子を塗りこむが如し行為でした。
ごめんなさい。やっぱり怖いです。
襲われた人間が、暴れるたびに血の泡がボコボコ沸きあがってくる様は、直視できません!
ガッポリ食われちゃう船長さんも、もうゴメンナサイー!早く死んでー!
ビニールいかだに乗った子どもが襲われたのも、当時子どもだった私には強烈な恐怖でした。
子どもでも容赦ないんだと・・・海で泳いでるヤツはオール餌なんだと・・・あわあわあわ・・・

ゾンビ作品は所詮フィクションだという考えがあるので大丈夫ですが、サメは本当にいるし、
現に襲われた話があるので、マジで怖い!イワコデジマ!!
サメが人を襲っちゃった話は、サメが人間を海ガメかアザラシだと勘違いして襲うらしいんですが・・・
勘違いされなきゃいいのか!?アバババ・・・!

ともかく、サメ退治に向った署長はえらいです!
機転の利いた攻撃もうまいよね!
酸素ボンベを打てば爆発するんだと、当時やたら感心しちゃいました。

さて、ジョーズの登場シーンに使われているあの有名な
「ダ~ダン、ダ~ダン、ダダダダ・・・」っていうBGM。
クラシックの「新世界」に似たようなフレーズがあるんですけど、もしかして関連性あるんですかね?
聞くたびにゾゾっと悪寒が走る。(汗)
嗚呼、ジョーズのトラウマを払拭するには、相当な年月が必要なようです。

そんなジョーズことホオジロザメも、今では絶滅危惧種。
この映画の影響もあってか、サメ狩りが一時期流行り、その数が激減したようです。
怖いけれど、一方的に殺していいとは思わないので、絶滅危惧から脱してほしいですね。

かれこれ10数年、海水浴に行った事ないけれど、泳ぐならプールか琵琶湖でいいかなあ。
琵琶湖は見た目海っぽいのに、しょっぱくないのがいいよね・・・!
とか思ってたらピラニアが出たらしい・・・ええぇぇぇ・・・

慰めの一票を・・ ranking にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト


【殺人魚フライングキラー】★★42点
殺人魚フライングキラー殺人魚フライングキラー
(2007/02/16)

【製作】 1981年、アメリカ
【監督】 ジェームズ・キャメロン
【出演】 トリシア・オニール、スティーヴ・マラチャック 他
(ホラー・パニック)
商品詳細を見る
(あらすじ)
陸軍が開発した生物兵器のピラニアが海に出てトビウオと交配した結果、
タイトルの示す空飛ぶ殺人魚が誕生、カリブ海のリゾート地を襲う。


TVで「タイタニック」が放送されていて、久しぶりに思い出しました。
ジェームズ・キャメロンの処女作!
その名も「殺人魚フライングキラー」!
キャメロン的には、封印しておきたい黒歴史かもしれませんが、
突っ込まずにいられようか。

有名な監督の処女作には、低予算で撮れるホラー作品が多かったりします。
「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン、「スパイダーマン」のサム・ライミ、
「スターウォーズ」のスピルバーグもそうですね。
彼らのホラー作品も突出した出来で、さすが監督の手腕はすごいと思わせるところがあるんですが・・・

フライングキラーは、予想通りのB級でした。
つーか、これって前作があったんですね。
本作の原題は「PIRANHAⅡ」になっています。
前作は未見ですが、本作単体でも充分話はわかります。

フライングキラーこと新種のピラニアによって、楽しいビーチが血塗られた惨劇の場に
なっちゃうわけなんですが、「ピチュピチュ」と言いながら「パタパタ」飛んでくるピラニアは、
ちょっと笑えます。見ようによっては、かわいいかも・・・?

この水陸両用のピラニアさん、海で人間を襲うシーンはそれなりに怖かったんですが、
飛んだ瞬間に、怖さよりもチープさが凌駕してしまいました。
こんな魚にいいように襲われてる人間は、正直おマヌケです。
「We want FISH!」とみんなで唱えてる場合ではなかとですよ。

そんなフライングキラーも、団体で行動する習性を利用されて、住処ごと爆破。
一族郎党全滅しました。合掌。

最後に本作の別パッケージをご紹介。
こっちのパッケージのほうが、とてもB級ぽくて良いと思います。
ゴジラガメラが出てきても、違和感なさそうな感じ。
色々、突っ込んでしまいましたが、こういう作品、嫌いではないです。
殺人魚フライングキラー
「キャー♪今夜は大漁だわ♪」 「踊り食いじゃああー」

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【ブレイド】★★★★85点
ブレイド〈DTS EDITION〉ブレイド〈DTS EDITION〉
(2002/06/19)

【製作】 1998年、アメリカ 
【監督】 スティーブン・ノリントン
【出演】 ウェズリー・スナイプス、スティーブン・ドーフ 他
(ホラー・アクション)
商品詳細を見る
(あらすじ)
ブレイドはヴァンパイアと人間との間に生まれた混血で、人間を脅かすヴァンパイアを抹殺するために
闘うヴァンパイア・ハンター。
彼は母親を死に追いやった宿敵のヴァンパイア、フロストを追っていた。
フロストは世界征服を狙い、暗黒院の書庫で古代予言書「マルガの書」をコンピュータで解読し、
12人のヴァンパイアを生け贄に全能の力を得ようと企んでいた。
ブレイドは彼らのアジト暗黒院に潜入、フロストがマルガを呼び起こす儀式を阻止しようとする。



スタイリッシュにバッサバッサ!!痛快ヴァンパイア無双!!
冒頭から、激しいアクションが展開されます。
特注の刀と武器で、ヴァンパイアをメッタ斬りにしていくブレイド。
まさしく全身凶器!「北斗の拳」並みの、アクションと血しぶきです。

ヴァンパイア達は、独自の組織網を持ち、人間社会に溶け込んでいます。
快楽に溺れ、やりたい放題の日々。
ヴァンパイア世界にも、種族の違いがあり、生粋の者もいれば、ヴァンパイアに噛まれて変身した
成り上がり者もいて、一枚岩ではないよう。
成り上がりであるフロストは、世界征服を夢見て、虎視眈々と計画を進めてゆきます。
フロストとその彼女は、モデルのような容姿で、白を基調としたファッションは、カッチョイイ!

対してブレイドは、黒を基調としたファッションで、マッチョ!
ガチカンフーアクションで、しびれるぅぅぅ!
ブレイドの武器も独特で、カッコヨイ!
ダンピールが故に、幾度となく体調不良に見舞われ、また過去のトラウマも背負いながら、
男は黙って、敵を細切れだ!!

ほんと男くさくて、血なまぐさい作品でございます。
好きな人にたまらんと思います。
私は、しびれまくりの2時間でした。

さて、本作で未だに気になっている部分が。
シーンの一つで、ヴァンパイアが運営しているクラブに、ブレイドが潜入するんですが、
そのクラブが日本人パブ?っていうんですか・・・
アキバ系女子のわけわからん歌が店内に響いてます。
それを見て、ニヤニヤしている、これまたシャチョーさんっぽい日本人。
ゲイシャ!フジヤマー!な、あやしい日本が展開されてます。
本作の中で一番の謎部分・・・

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【アンダーワールド2 レボリューション】★★★☆73点
アンダーワールド2 エボリューション コレクターズ・エディションアンダーワールド2 エボリューション コレクターズ・エディション
(2007/10/03)

【製作】 2006年、アメリカ
【監督】 レン・ワイズマン
【出演】 ケイト・ベッキンセール、スコット・スピードマン 他
(ホラー・アクション)
商品詳細を見る
(あらすじ)
闇の歴史、種族の血闘…
長老殺しの罪を負い、必死で同族の追手から逃れるヴァンパイアの処刑人セリーン。
そんな彼女を待ち受けていたのは、狼男の血を得て最強の混血種となったマーカスだった。
彼の隠された目的とは何なのかー。
そして、創世にまつわる秘密が解き明かされる時、進化した種族の宿命バトルが始まる!



1作目を紹介してから、だいぶ日が空いてしまいましたが、2作目のレビューをば!
ストーリーは、前回の続きです。
逃亡者となったセリーン(ヴァンパイア)とマイケル(スーパー狼男?)。
今度の敵は、ヴァンパイアの先祖であり、狼男の血を吸って強化された、スーパーご先祖様マーカス。
ビジュアルは美しくありませんが、容赦のない攻撃と、脅威の回復力で、セリーン達を追い詰めます。

1作目では、ツンツンだったセリーンは、本作ではちょいデレ。
ガンアクションが多めで、ホラー色も薄く、安心して見れる作品です。
ストーリーは、後付け感が否めないですが、前回同様セリーンのアクションに酔ってください。
ラストは、また続編があってもおかしくない感じですが、無難な終わり方でした。

さて蛇足ですが、アンダーワールド風にパッケージを似せたタイトルが、巷で一時期氾濫しておりました。
これはうっかり本家と間違わせて、視聴させようという罠なのでしょうが、
これとは別に、同タイトル作品があるんですが、関連作品なのか??
近日発売予定で、メインの女性は、なんだかサンドラ・ブロック似で、セリーン風のコスチューム。

UNDERWORLD ラスト・セクト

ケイト・ベッキンセール出演の「アンダーワールド」とは別モンみたいです。
おいおいおい~~~!

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【デモンズ】★★★☆70点
デモンズデモンズ
(2004/07/02)
【製作】 1985年、イタリア
【監督】 ランベルト・バーヴァ
【出演】 ナターシャ・ホーヴェイ、ウルバノ・バルベリーニ 他
(ホラー)
商品詳細を見る
(あらすじ)
大学生のシェレルは地下鉄の駅で気味の悪いマスクをした男から
題名の書かれていない映画の試写状を渡された。
友人のキャシーと映画館に行った二人は、恐ろしい惨劇にまきこまれてしまう…。


デモンズとの初めての出会いは、中学生の頃でした。
録画したドラマを再生しようとしたら、なんか変な映像が?
「親父が勝手に録画したなー」となんとなく見ていたら、薄暗い部屋の中、一人の女性が振り返り・・・
ひいぃぃぃぃー!! 顔色が相当悪いですよ!オネーサン!

気付くと、観客が次々と餌食になっていき、襲われた観客たちも間もなくデモンズに変異していく。
映画館の出入り口は閉鎖されて、脱出不可能状態。さらにパニック状態へ。
僅かに残った人々が、生き残りをかけてデモンズと対峙する!
彼らの運命やいかに―!?

と、映画的には良い感じに盛り上がってきたところで、中坊の私はビビリまくり電源OFF。
当初の目的だったドラマも見る気にもなれず、デモンズが録画されたビデオテープにも近寄らず。
で、改めて視聴してみましたが、デモンズのビジュアルはそれなりに怖かったです。
ゾンビにしては、力もあるし走るしで強め。

また、閉鎖空間で襲われるというシチュエーションが、たまらなく怖い。
草原のど真ん中でゾンビと遭遇しても、たぶん大丈夫な気がするんですが、
閉鎖空間で遭遇するのだけはヤメテ・・・!
あまつさえ、頭を長爪で掴まれてムギュ~~とされるのもぜひヤメテ・・・!

ストーリーは、劇中で放映されている映画の内容が実際に起こってしまうという、ちょっと凝った造り。
ですが、映画館のオーナー(マスク男?)の目的は一体なんなのか、などは全くの謎。
ラストは、蛇足というべきか、別にそんな事せんでも・・・とモヤっとする感じ。
主人公君は、なんか爽快な表情なんですけどねえ~う~ん。

デモンズもシリーズ化されており、たぶん私は1、2、4を見たと思います。(??)
その後のデモンズがどうなったかは知りませんが、バタリアン同様
ユルユルグダグダになってそうで怖い。

デモンズVSバタリアンとか実現しないかなーranking にほんブログ村 映画ブログへ

デモンズ1&2 コレクターズDVD-BOXデモンズ1&2 コレクターズDVD-BOX
(2004/05/07)
ナターシャ・ホーヴェイ、ウルバノ・バルベリーニ 他
商品詳細を見る


【イタリアン・チェーンソー】★20点
イタリアン・チェーンソーイタリアン・チェーンソー
(2007/05/25)
【製作】 イタリア
【監督】 ガブリエル・アルバネージ
【出演】 ダニエラ・ビルギリオ、ダニエル・グラセッティ 他
(ホラー)
商品詳細を見る
(あらすじ)
恋人同士のリノとオーロラは、ドライブ中に3人の若者に襲われたところを、
偶然通りかかったアントニオに助けられる。
治療のためにアントニオの屋敷に行く事になったのだが…。


タイトルのまんまですが、イタリアのチェーンソー作品。
イタリアのホラーも変態づいてます。

さてヒロインとその恋人は、不良に絡まれていたところを、とある紳士と淑女に救われるんですが、
隠すまでもなく、この紳士&淑女は、猟奇殺人者です。
とある理由のために、人を招き入れてはブシャッ!とやっちゃうわけなんですが、
見ていて心が不安定になるわあ・・・

話のテンポが悪くダラダラしています。とりあえず、ヒロインは叫ぶだけ。
先の不良達も、屋敷に紛れ込みますが、殺られにきたようなもんです。
不良のリーダーがヒロインをお姫様だっこして脱出を図ろうとするも・・・あれれ?
自力で歩けよ、ヒロインー!!
こういう部分がイライラさせます。

さて、スプラッタシーンは・・・なんていうか、普通ならあえて見せないようにして撮るところを
全部見せてます。
見せすぎです。出血大サービスすぎです。フツーに凹む・・・
やっぱりチェーンソーで殺られるのは、痛々しくてダメですわ。
かといって、オノとか包丁とか鈍器とか、凶器全般イヤですが。
他にも、気持ちの悪い演出がこまごま続きます。イライライラ・・・

最後のオチはよくわからなかったんですが、とても気持ちがモヤモヤする終わり方でした。
これと隣合わせで「ドイツ・チェーンソー」というのが、棚にあるんですけど、
パッケージからしてえげつないので、もう見るのはいいかな・・・
従兄弟よ、もうちょっと健全なホラーをを勧めてください・・・

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【ハイテンション】★★★65点
ハイテンション アンレイテッド・エディションハイテンション アンレイテッド・エディション
(2007/01/12)
【製作】 2003年、フランス
【監督】 アレクサンドル・アジャ
【出演】 セシル・ドゥ・フランス、マイウェン 他
(ホラー・サスペンス)
商品詳細を見る
(あらすじ)
女子大生のマリーは、親友アレックスと人里離れた田舎の実家で週末を過ごすことに。
そこに何の前触れもなく正体不明の男が姿を現し、最悪の恐怖が家族を襲う!
一人また一人と男の餌食にとなっていく家族…。
山奥の一軒屋で起きた一家惨殺事件、果たして犯人の正体は?その動機は?


地元のT○TAYAでは、ホラー作品ベストランキング1位の座に掲げられていました。
私は、国内版が出る以前、従兄弟経由で輸入版を見ました。
いつもながら、兄の鑑識眼には恐れ入ります・・・が、ホラーばっかやないかー!

当初、サスペンスものだと思って見ていたらば、本気のスプラッタが繰り広げられ、
あれよあれよと惨殺されていくので、私の気分は一気にローテンション。(おい)
ハイテンションなのは、主人公だけでした。

ある男によって、友人家族が惨殺されていきますが、一連の作業みたく
淡々と進んでいくので、呆けにとられます。
家中の騒動に気付き、ベット下やクローゼットの中で、息を殺して隠れる主人公の姿には、
見ている側もドッキドッキ!!
ああーー見つかるーーもうダメーとヒヤリヒヤリ。
きっと主人公なら大丈夫とわかってはいるものの、こういうのって吊られちゃいますな。

そして、男によって親友が拉致されます。
親友を救うべく、主人公はバンを追いかける!
そして、遂には男と対峙することに―!!その結末は!?

見所は、まあ男の惨殺っぷりと、それに対抗しようと画策する主人公の駆け引きでしょうか。
前半の鬼ごっこシーンは、心臓にきます。あわあわ・・・
スプラッタも気合い入ってますので、ご注意を。
老若男女、問答無用でバッサバサです。
あー・・・でもやっぱチェーンソーで殺られるのは、かなり痛そうで見てて嫌ですな。
学校の技術の時間に、ノコでちょっぴり手を切ったトラウマとかが蘇る感じです。規模小さいな、おい。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【東京ゾンビ】★★★60点
東京ゾンビ東京ゾンビ
(2006/07/28)
【製作】 2005年、日本
【監督】 佐藤佐吉
【出演】 浅野忠信、哀川翔 他
(ホラー・コメディ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
ちょっと未来の東京。町の片隅にある消火器工場で、二人働くフジオとミツオは、
毎日柔術の練習に明け暮れていた。
二人は年齢を超えて兄弟のように親友のように、時にはそれ以上の絶対的な関係性で結ばれていた。
そんな二人の前に現れたのは、産業廃棄物のゴミ山'黒富士'から現れてきたゾンビたち。
そしてゾンビはどんどん増殖を始めていく。
ロシアに行って最強の男になるという夢を叶える前に、なぜかゾンビと戦い、
人類滅亡の危機に立ち向かうことになってしまったフジオとミツオ。
果たして彼らに地球は救えるのだろうか!?


ゆるゆるハートフルゾンビ~~(笑)
アフロ(浅野忠信)フジオと、ハゲ(哀川翔)ミツオのビジュアルだけでも、
かなり可笑しい壊れた映画。
産廃廃棄場となっている通称”黒富士”ですが、公然の死体遺棄場になってます。
そこかしこで、人間を埋めている人々・・・おい・・・
フジオとミツオも、うっかり同僚を殺してしまい、この黒富士に埋めに来ます。
帰り道では、うっかり車で人を轢いちゃったりして、
「あーやっちゃったよーやべーよー」とあくまでローテンションでゆるゆるなコンビ・・・
ってあまりにナチュラルすぎて、笑っていいのかどうなのか・・・うーん・・・

これは笑ってしまおう!
なけなしの倫理観や博愛精神は犬にでもくれてしまえー!
と、早々に私の脳みそもユルユルになりました。
真面目なシーンで真面目に話しているのに、笑えてしまう哀川翔のビジュアルのせいなのか、
演技なのか本気なのかわからない、浅野忠信のゆるーい含み笑いのせいなのか・・・
とりあえず、二人とも楽しそうに演技しているのは伝わってきます。

ゾンビのビジュアルはぶっちゃけ貧相。
みえみえのスプラッタ??シーンも、あくまでコメディなんでしょうかね。
ゆるーい造りにナミダがしみまする。

さて、南を目指したはずなのに、北に向うことになった二人。
なんだかんだの珍道中の果て、二人が見たものは!?
ご自身の目で確認してくださいなー。

あと楳図かずおによる「ゾンビ撃退法」の講義は結構重要です。ここポイント(?)。
また、ゲスト出演している面々をチェックするのも楽しいかもしれません。
ちょこざいな演出にやられた感じのする映画でした。

ゾンビに愛を、ブログに投票を~ranking にほんブログ村 映画ブログへ

東京ゾンビ プレミアム・オブ・ザ・デッド (限定生産)東京ゾンビ プレミアム・オブ・ザ・デッド (限定生産)
(2006/07/28)
浅野忠信、哀川翔 他
商品詳細を見る


【サイレントヒル】★★★60点
サイレントヒルサイレントヒル
(2006/11/22)
【製作】 2006年、日本 アメリカ カナダ フランス
【監督】 クリストフ・ガンズ
【出演】 ラダ・ミッチェル、ローリー・ホールデン 他
(ホラー・サスペンス)
商品詳細を見る
(あらすじ)
ローズとクリストファー夫妻は養女シャロンの不思議な言動と悩んでいた。
突然「サイレントヒル…」とうめき声を出すシャロン。
ローズはサイレントヒルが実在すると知ると、娘を連れてその地を尋ねる。
しかし、そこは30年前に大火災で多くの人が亡くなり、いまは廃墟となっていた。
そして旅の途中、シャロンが行方不明になってしまう。



オリジナルのゲームは、ファンの間では、静岡とも言われ親しまれているホラー作品。
私は「サイレントヒル3」だけプレイしたことがあるんですが、
鉄が錆びたような裏世界と、思わず目を覆いたくなるような異形のクリーチャーの再現はさすが。
とにかく、怖いくて気持ち悪い。
悪夢を現実化したかのような世界です。

ストーリーは、主人公のローズが、サイレントヒルで行方不明になった娘シャロンを追いかけ、
そこで娘出生とサイレントヒルの秘密を知ってゆきます。
行く途中、サイレンが鳴り響くと突然現れる「裏世界」
そこでは、禍々しいクリーチャーが闊歩し、彼女を襲います。
そして、一定時間が経つと自然消滅し、また現実の世界に戻る。

無人と言われていたサイレントヒルには、僅かではありますが人間がいて、
突如出現する裏世界におびえながら暮らしています。
厳格な信者でもある彼らは、善行のためなら過激な行動も厭いません。
異形のクリーチャーも恐ろしいけれど、妄信的な集団も引けをとらず恐ろしい。
後半における彼らの行動には、驚愕させられます。

本作のみどころは、やはりその奇怪な世界の表現ですかね。
原作ゲームのファンも納得の、表現力ではないでしょか。
また、各所にゲームのBGMやテーマソングが使われているのも嬉しいですな。
エンディング曲は特にいい!
日本オリジナルの、土屋アンナによるイメージソングも良かったです。

話の内容は、わかりにくいところもあって、結局なんだったの?となるかもしれません。
ゲームをかじった程度の私も、わからない部分が色々あって、あとからググッて理解しました。
しかし、映像表現は一見の価値ありですので、お暇なときにでもどうぞ♪

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ

サイレントヒル プレミアム・エディションサイレントヒル プレミアム・エディション
(2006/11/22)
商品詳細を見る
サイレントヒル アルティメット・ボックスサイレントヒル アルティメット・ボックス
(2006/12/13)
商品詳細を見る


【超人ロック ~魔女の世紀~】★★★☆75点
超人ロック~魔女の世紀~【劇場版】超人ロック~魔女の世紀~【劇場版】
(2001/06/22)
【製作】 1984年、日本
【出演】 難波圭一、安原義一 他
(アニメ)
商品詳細を見る

(あらすじ)
永遠の命を持ち、銀河を彷徨う強大な超能力者ロックの活躍を描くSFファンタジー。
辺境の惑星トアで、羊飼いとして平穏に暮らすロックの元に、
連邦軍情報局長官リュウ・ヤマキ大佐が訊ねてきた。
レディ・カーンが企む「ミレニアム計画」の調査に協力して欲しいというのだ。
15年前、謎の事故で世間から姿を消したカーンは、密かにエスパーを養成しているという。
ヤマキの頼みを断り切れず、調査に加わることにしたロックだったが…。



唐突ですが、ゾンビのターンは一次お休みして、古き良きジャパニメーション作品をば!
たまたま見かけた「超人ロック」のタイトルに、幼き日に抱いたトキメキをかき乱されてしまい
うっかり劇場版&OVA作品を視聴していました。

劇場版は初見だったのですが、製作年代を考えると力の入った出来でした。
ロックの髪が、やたらミドリミドリ色してたのと、当時のアイドルポップが挿入歌で流れたり、
一部キャラがプロレスラー猪木のコスプレしてたりで、突っ込みドコロがチラホラあって笑えました。

当時のSFアニメでは、ロックのような髪型のキャラが多かったですよねー
「サイボーグ009」の島村ジョーもそうですが、この手の髪型で影を背負ったヒーローに、
幼き日の私は、とってもメロメロでした・・・
「ジョーとロック、どちらと結婚しようか」本気で悩んでいたアイタタタな小学生でした。
(可愛い小学生だYO★と笑い飛ばすトコロですよ!
映像を見て当時の熱がこみ上げてきて、今でも好き・・・だあ!!と再確認。
でも実際付き合うとなると、かなりハイリスクなので、見てるだけでいいです。

ストーリーはシリアスで、大人なラブありーのおねーちゃんの露出サービスもありーので、
どちらかというと大人向けの作品のような気がします。
人間のエゴや欲望によって、振り回され傷つけられた人間の悲哀が、敵味方どちらにもあり、
勧善懲悪の話ではないんですよね。

原作も漫喫で一気読みしましたが、報われない話が多くて、主人公ロックのアクションも地味目。
ロックがまるで出てこない話とか普通にありますし、ヒーローものの派手派手しさがない。
TVシリーズとかには、しにくい作品ですな。
ともあれ、動いているロックを目で追ってるだけで、充分だったりする腐った私です。。
むしろロックしか見てなくて、話半分だったりするので、非常にいい加減ですみません。

OVA作品は「ロードレオン編」「新世界戦隊」の2本を視聴。
このほかに、「ミラーリング」という比較的近年の作品もあるようなんですが、
どこの店にも見つからなかったので断念・・・
私が記憶していたロックは、正にこのOVA作品でした!

「ロードレオン編」のオープニングでの、ロックのかっこよさは異常。やべえ・・・(笑)
あとロックの声優さんが飛田展男さん、敵役のロードレオンが池田秀一さんだとわかったんですが、
まるでZガンダムカミーユとクワトロ(シャア)が戦ってるようだったので、別の意味で笑えました。
「新世界戦隊」は話が結構入り組んでて、アクションが後半になって活発になるので、
それまでは少しウトウトしちゃいました。

漫画での連載はまだ続いており、一体ロックは何歳やねん!という感じなんですが、
作者の聖悠紀さんには、これからも元気に執筆してもらいたいですね。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ

超人ロック~ロードレオン~ コンプリート・コレクション超人ロック~ロードレオン~ コンプリート・コレクション
(2000/12/22)
飛田展男

商品詳細を見る

超人ロック~新世界戦隊~ コンプリート・コレクション超人ロック~新世界戦隊~ コンプリート・コレクション
(2000/12/22)
飛田展男

商品詳細を見る

超人ロック~ミラーリング~超人ロック~ミラーリング~
(2000/12/22)
鈴村健一

商品詳細を見る


【ハウス・オブ・ザ・デッド2】 ★★☆50点
ハウス・オブ・ザ・デッド2ハウス・オブ・ザ・デッド2
(2006/12/02)
【製作】 アメリカ
【監督】 マイケル・ハースト
【出演】 エマニュエル・ヴォージア、エド・クイン 他
(ホラー・アクション)
商品詳細を見る
(あらすじ)
人気ガンシューティングゲーム『ハウス・オブ・ザ・デッド』の映画作品第2弾!
大学内でとある研究を密かに進めていた一人の教授。
その研究とはゾンビのDNAを操作し、死者を復活させることだった。
しかし実験は失敗し、“超人類”のゾンビとなって次々と生徒を襲い始める。さ
らに、蚊を媒介して感染するものまで現れ始め…。


突如始まった、管理人による「~オブ・ザ・デッド」シリーズ・レビュー第3弾~。
このタイトルは既に、アーケードゲームでは有名ですよね。
本当は1作目を視聴したかったのですが、レンタルで2しか見当たらなかったので、ごめんなさいー。

部隊は、1のその後のようです。前作で、猛威を振るった「ゾンビ病」。
なんとか治めるも、密かに研究していた者によって、さらなる進化を遂げて再び猛威を振るうことに。

ゾンビ病の発端となった、オリジナルゾンビを確保するために、特殊部隊が出動します。
主人公とヒロインはそのメンバー。両名すでにゾンビ・ハンターとして手馴れてます。
ゾンビはもちろん、噛まれた人間にも容赦のない攻撃。
ゾンビとの格闘は、シューティングゲームっぽいです。
あと、取り囲まれても意外と無傷で脱出したり、主人公達には特殊オーラが装備されてるようです。

オリジナル・ゾンビを発見し、サンプル血液を入手するも、紛失したり破損したりでグダグダ
ゾンビ退治はスペシャリストなのに、うっかりさんなのが玉にキズ。
そのせいで、新たに犠牲者が出たりして、どうにもこうにも。

気軽に見れるゾンビ映画でした。
ヒロインの格闘に酔いしれるのも良いですね。
このシリーズ、まだ続きそうな感じです。

さて、「~オブ・ザ・デッド」のタイトルシリーズですが、あと私が知っている限りでは、
「レイク・オブ・ザ・デッド」、「ミート・オブ・ザ・デッド」、「ゾンビ・オブ・ザ・デッド」などがあります。
最後のやつなんか直訳すると「死のゾンビ」でカオスめいてる。
お財布と相談しながら、ぼちぼち攻めていきたいと思います。

DEAD or VOTE!?ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【フォレスト・オブ・ザ・デッド】★★40点
フォレスト・オブ・ザ・デッドフォレスト・オブ・ザ・デッド
(2006/04/05)
【製作】 2005年、アメリカ
【監督】 カール・ベッセ
【出演】 ポール・キャンベル、サラ・リンド 他
(ホラー・エコロジー)
商品詳細を見る
(あらすじ)
森林伐採の多国籍企業が、バイオ技術を用いて植林の増益を画策する。
しかし実験は失敗し、その影響を受けて多数の従業員や環境団体の人々がゾンビと化す。
生き残った人々とゾンビのサバイバルが始まる。


怒濤のエコロジー・ホラー!ここに誕生!
木を切るヤツは許さねえ!!

そんなキャッチコピーに惹かれて視聴してみました。

「ドーン・オブ・ザ・デッド」「ランド・オブ・ザ・デッド」以降、「~・ザ・デッド」のタイトルが
市場に一時期溢れてました。
そういった類似作品は、どこれもこれもB級で安直なタイトルが多かったんですが、
本作のタイトルはかなり胡散臭くて逆に気になっていました。

さて、木の成長を増進するバイオ技術が、ゾンビの素なわけですが、これに加えて
森林伐採の阻止を訴える環境団体の画策が重なり、悲劇を生んでしまいます。

本作のゾンビ君!さぞやエコロジカルなゾンビかと期待したらば、
思いっきり食べることにしか興味なさそうなんですけど。。うおーい・・・
パッケージではゾンビが「木を切るな!」と訴えていますが、
本編では別にそんな主張はしていませんでした。
なんか残念な気持ちになる・・・
ワラワラと寄ってきては、片っ端から餌食にしていきます。

本社からの救援も絶たれ、広大な山林の中に取り残された、わずかな従業員と環境団員。
バリケードを作り、ゾンビから逃れるも、互いのいがみ合いからバリケードが破れ、まもなく地獄絵図に。
こういう展開のもって行き方が、ロメロ監督の「ゾンビ」に似ていました。
ゾンビによってというより、内輪もめで自滅していくんですよね。

ヒロインが環境団体のリーダーなんですが、この手の輩は、状況を悪化させるしか
徳意項目がないわけでして、イライラ・・・
あと、最近のホラーで多く見るのですが、カメラが左右上下によく揺れる。
これは、画面をぶれさせてスプラッタ部分をよく見えないようにしてるんでしょうね。
ただ、見ていると視点が定まらないので、イライライラ・・・

総じて、感想は可もなく不可もなくでした。
「遺伝子組み換えバイオゾンビ」
みたいなのが出てくるのかなーとか期待したのですが、
出てきませんでした。残念ー!
めげずに、今後もデッドシリーズには挑戦していきたいと思いまっす!

DEAD or VOTE!?(笑) ranking にほんブログ村 映画ブログへ




【ショーン・オブ・ザ・デッド】★★★★☆90点
ショーン・オブ・ザ・デッド [ユニバーサル・セレクション] (初回生産限定)ショーン・オブ・ザ・デッド [ユニバーサル・セレクション] (初回生産限定)
(2007/07/13)
【製作】 年、イギリス
【監督】 エドガー・ライト
【出演】 サイモン・ペッグ.ケイト・アシュフィールド、ルーシー・デイヴィス 他
(ホラー・コメディ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
イイ年して大人になりきれないショーン。
仕事をしない幼なじみのエドと同居、自分は電器店の店員として働いているもののヤル気はゼロ。
なじみのパブ、ウィンチェスターに入り浸って生気のない暮らしを送っている。
ついに恋人リズ)にも愛想を尽かされ、落ち込んだ彼がしこたま酒を飲んで目覚めた翌朝。
いつの間にか、街はゾンビで溢れかえっていた!
ショーンは○○○○○を武器にゾンビと応戦、愛する恋人、母親、友人たちを救うため、
ヒーローとなって立ち上がるが・・・!?



笑ってハッピー!痛快ゾンビコメディ!
視聴前から、本国のサイトのスナップ写真見てるだけで、うぷぷぷと笑いを抑えきれないほど、
変なゾンビ映画でした。細かいところに、笑いを差し込んでくるから油断ならない。
過去の作品を踏襲したシーンも含まれているので、ゾンビ映画をよく知る人なら、
笑いどころがさらに増えるのではないでしょうか。

さて、冴えないショーンとニートなエドの、おバカコンビが色々やらかしてくれます。
だんだんと周囲がゾンビの世界になっているのにも関わらず、二人は普段どおりの生活。
行きつけのバーで酔っ払い、愚痴をこぼし、カウチで菓子を食べながらTVを見る。

そこへ迷い込んできた変な女。うっかり押しのけたら、庭のポールで串刺しにしちゃってさあ大変!
やっべー!と思ったら、なんか女が起き上がってくるんですけどー!?
おまけに、続いて変な男も迷い込んできた!そのとき二人は!?

その1: とりあえず、物を投げる。
その2: レコード盤を投げる。
その3: ○○○○○で殴る。


彼らの主要武器は、身近にある「とにかく殴れるもの」
アメリカ映画のように、銃でゾンビをバンバン撃ち殺すのではなく、とにかく殴る!殴る!
ショーンは、恋人と肉親を助けるため、ゾンビで溢れかえっている街中を、武器を片手に疾走!
普段はボンクラなセールスマンも、危機的状況にさらされて、ヒーローに覚醒するのだ。
時が経つにつれ、レベルアップしていくショーンの姿は勇者のよう。
RPGゲームのように、パーティを組んで進んでゆきます。
パーティの編成は、勇者&ヒロイン&スプーキー&へりくつ屋&冴えない女優&勇者の母
といったバランス具合。絶妙。

本作のゾンビは、ノロノロ歩いてウガーと襲いかかるノーマル・タイプ。
脳みそを狙って殴れば、戦闘不能になるので、結構弱い。
噛まれちゃうと、もれなくその人間もゾンビになってしまいますが、
生きた人間を識別する能力は、アバウトみたいです。
主人公たちの苦肉の策、「秘技!モノマネ!」は必見!

笑いあり、ラブあり、友情ありで、最後も明るい終わり方です。
春めいた脳みそに、ピリリとスパイスの効いたゾンビ映画をどうぞ~

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【プリンス&プリンセス】★★★☆70点
プリンス&プリンセスプリンス&プリンセス
(2007/07/18)
【製作】 1999年、フランス
【監督】 ミッシェル・オスロ
(アニメ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
好奇心旺盛な少年と少女が、魔法使いさながらの映写技師の協力を得て、
だれも知らないおとぎの国のお話―6つの国の6組のプリンスとプリンセスの愛の物語―を創造し、
その世界で無邪気に遊びます。

Chapitre1. 『プリンセスとダイアモンド』
 囚われのプリンセスを救い出すため、プリンスは草原の中から111個のダイアを探します。
Chapitre2.『少年といちじく』
 ファラオの時代。正直者の青年が、季節外れに実ったいちじくを、プリンセスに献上します。
Chapitre3.『魔女』
 中世。忌まわしき魔女退治に、ひとりの青年が武器を持たずに立ち上がります。
Chapitre4.『泥棒と老婆』
 北斎の時代の日本。老婆の肩掛けを盗もうとする泥棒が散々な一夜を過ごします。
Chapitre5.『冷酷なプリンセス』 
 未来。冷酷なプリンセスの孤独な心を、ウタドリ使いの青年が溶かします。
Chapitre6.『プリンス&プリンセス』
 永遠の愛を誓ったプリンスとプリンセスの身に降り注ぐ思いがけない試練とは?


またまた、フランスアニメです。ハマり出してるのかも?
短編作品が6つ収録されており、時代も国も異なる設定です。

作品は影絵で、キャラはほとんど真っ黒で、表情はわかりにくいですが、
想像する楽しみが増える気がします。

話も、童話にありがちな、王子は王女と恋におち結婚する―めでたし、めでたし、
というパターンではありません。そのパターンの話は1話目だけ。
他のは、現代的な童話らしく、ひねりが効いてます。
勧善懲悪ではないのも良いですな。

私が特に印象に残ったは、「魔女」、「泥棒と老婆」、「プリンス&プリンセス」
「泥棒と老婆」は特に粋な話で、昔読んだきっちょむさんのとんち話を思い出しました。
童心に戻ったようで、無性にワクワクしてしまう。
なんだか脳みそが春めいているようです。あー恋がしてえー(笑)

本作も、全年齢対象でオススメできる作品でっす!

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【アズールとアスマール】★★★65点
アズールとアスマールアズールとアスマール
(2007/12/19)
【製作】 2006年、フランス
【監督】 ミッシェル・オスロ
【出演】 シリル・ムラリ、 カリム・ムリバ 他
(アニメ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
幼い頃、アラビア人の乳母から聞いた子守歌を頼りに、ジンの妖精を探すため、遠く海を渡ったアズール。
しかし、やっとたどりついた憧れの地は、“青い瞳は呪われている”とされる国だった。
文化も人種も異なるその異国で、盲人のふりをして旅を続けるアズール。
やがて、大好きな乳母ジェナヌと、兄弟のように育った乳母の子アスマールに再会。
今や裕福な生活を送るアスマールと“呪われた青い瞳”を持つアズールは、対立し合いながら、
それぞれジンの妖精を探しに旅立つ―。


懲りずにフランス・アニメに挑戦!
最近は、ほんとゾンビ漬けだったので、久々にアニメを連続で見てます。
本作はとても健全で道徳的なストーリー。
アングラな心が、ちょっぴり浄化された気分でした。

さて、画面が独特で、人物が3Dなのに対して、背景が平面的。
3Dの人物が、PS2ゲームのポリゴンっぽいのは否めませんが
植物の描写は日本画のよう。視点も舞台劇を見てるような感じでした。

聡明な知識と勇気を携えて、数々の試練を乗り越えてゆくアズールの姿は、
純粋に応援したくなります。
彼に関わる人も、風体はかわっていても、心温かい人ばかり。
特にお気に入りなのは、シャムスサバ姫さま!ちっちゃな体に大人な頭脳!(コナンかい!)
好奇心が溢れんばかりに、そこかしこ走り回る姿は愛らしい。
そして、物乞いのクラプー。
アズールと同じヨーロッパから来たものの、青い目が不吉とされるアラブの世界で
身をやつして生活しています。アズールを物乞いのネタに利用しようと近づくも、
アズールの人となりに感化されていきます。

ジンの妖精を救い出し結婚するというのが、本作の目的でありますが、
アズールは、乳兄弟のアスマールと協力し、とうとうジンも元へたどり着きます。
ジン一人に、勇者は2人。はてさて、どちらを結婚相手に選ぼうか??
意外な問題が浮上して、ちょっと笑ってしまいましたが、大岡裁きで一件落着??
婚約者選びには、アバウティーなアズールとアスマールでした。(笑)

本作で描かれているアラブ世界では、金髪碧眼の西洋人は、不吉の象徴として扱われています。
実際、そうだったのかはわかりませんが、人種差別の問題を含んでいて、
見方を変えれば、結構皮肉めいた内容に見えるかもしれませんね。

ともあれ、安心して見れる作品。子どもさんにもオススメできます。
ブログ書き始めて以来初めての、全年齢にオススメできる作品です。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ



【ベルヴィル・ランデブー】サウンド・トラックCD
ベルヴィル・ランデブー オリジナル・サウンドトラック(CCCD)ベルヴィル・ランデブー オリジナル・サウンドトラック(CCCD)
(2004/12/08)
サントラ、Charles Prevost Linton 他

商品詳細を見る

先日紹介した、フランスのアニメ映画「ベルヴィル・ランデブー」
映画の内容は、私には合わなかったんですが、数日経った今でも後を引いてまして、
気づいたら劇中のサウンドを口ずさんでいたりして・・・すっかり侵食されている。

中でも「Belleville Rendez」は、リズムが良くて、オープニング、劇中、エンディングと
何回もかかるので、結構浸透度が高いです。
歌詞もエスプリが効いてます。

(歌詞一部抜粋)
シンガポールで死ぬのは嫌だね インテリっぽく過ごすなんて
ヨレヨレのバカでいたいんだ ベルヴィルの三つ子みたいに

ホノルルで死ぬのは嫌だね 鳥のように歌うなんてごめんさ
ハスキーな声でいたいんだ ベルヴィルの三つ子みたいに

ベルヴィル・ランデブーでスウィング ダンス・マラソンでドゥディルー
ブードゥーにカンカン、ほうきにタブー ベルヴィルでスウィングしてランデブー


ともあれ、クリップを見てもらえるとわかりやすいですね。
【Les triplettes de Belleville】
クリップも独特だなあ~。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ

The Triplets of BellevilleThe Triplets of Belleville
(2004/01/27)
Original Soundtrack

商品詳細を見る



【高慢と偏見】★★★★85点
高慢と偏見高慢と偏見
(2002/04/05)
【製作】1995年、イギリス
【監督】サイモン・ラングトン
【出演】 コリン・ファース、ジェニファー・エイル 他
(海外ドラマ、ラブストーリー)
商品詳細を見る
(あらすじ)
18世紀末のイギリス。5人姉妹がいるベネット家の隣に大富豪の独身男性ビングリーが引っ越してきた。
美しく慎み深い長女ジェーンとビングリーが互いに惹かれ合う一方で、快活で利発な次女エリザベスは、
ビングリーの親友ダーシーの気位の高さに強い反発を抱いていた。
様々な噂を耳にし、ますますダーシーに嫌悪感を募らせていくエリザベスだったが、
なぜか彼の存在が気になって仕方がなく……。



英国BBCドラマ版「高慢と偏見」です。
18世紀のイギリスの片田舎で繰り広げられる、セレブな人々の恋愛ドタバタ模様。
メロドラマも見どころですが、強烈な個性を放つ、
姉妹の母親・ベネット夫人の新喜劇バリのアクションも見どころデス。

原作は、ジェーン・オースティンで「高慢と偏見(Pride and Prejudice)」。
この原作がとても好きでして・・・
金持ちでハンサムで優しい男はんに女は弱いと一言でいってしまえばオワなんですが、
それだけではないわけでして・・・もごもごもご。。。

ドラマ版は総時間6時間の作品ですが、見だしたら止まりません。
うっかり夜に見ちゃうと明け方まで見ること必至。
テンポ良く話が進んで行くので、一気に見てしまうのですよ~。
私の父も徹夜で見ていました。(笑)

さてキョーレツに個性の強い登場人物がいい味出してます。
ダントツの1位は、5人姉妹の母親ベネット夫人。
毎度ヒステリーを起こすは、所構わずしゃべりまくるはで、もやは災害認定。
5人姉妹も、まともなのは上の二人だけで、残りの妹達はトンチンカン並。(by魔法使いサリー)
肝心の親父は静観決め込んでるので、当てにならない。
リアルでこんな家族が近所にいたら、お付き合いは避けたいですね。

なので、白羽の矢が当てられたビングリー家はさあ大変!
ビングリーはジェーンにメロメロですが、その姉妹や友人ダーシーは思いっきり引いてます。
そして、二人を離そうと画策。しかし、ダーシーはエリザベスが気になってきてモヤモヤモヤ・・・
思い切って告白するも、告白の仕方が最悪で撃沈。
愛の告白のはずが、ケンカ売ってます。(笑)
がっくし肩を落としたダーシーがその後、好きな女性のために自己改造していく姿は見ていて楽しいです。
さらにドラマならではのオリジナルシーンの挿入も、嬉しいサービスやね

ダーシーは男性陣で一番人気ですが、女性陣も華やかです・・・ベネット夫人は置いといて・・・
長女と次女は常識と良識を持ち合わせた女性。
長女のジェーンは、町一番の美人さんという設定で、ギリシャ彫刻のような美人。
キーラ主演の「プライドと偏見(06年)」では、ジェーンは飯島直子似?の女性だったので、
時代設定考えるとこちらのギリシャ美人ジェーンをプッシュしたい。

ついで、次女エリザベスは、ジェーンの次に美人という設定。
チャーミングで利発な顔立ち。この時代のドレスは、ネグリジェのような、ふくよか~な服。
女優さんもふくよか~な体型。
ただ、胸を強調した服なので、貧乳にはツライ時代だわ。
ぬぬう。社交パーティーも独特で、ダンスはフォークダンス風。
エリザベスとダーシーのダンスシーンはチェック!

と、乙女の夢を詰め込んだチョコレート箱のような作品ですが、原作者オースティンの作品は
風刺もピリリと効いているので、ホームコメディとしても楽しめます。

原作の訳本は様々な出版社から出ていますが、比較的好評なのは
新潮文庫の中野好夫氏が翻訳した「自負と偏見」
現代的な表現で馴染みやすいのは、最近発刊された「高慢と偏見(上下巻)」でしょか。
訳の違いを楽しむのも面白いですよん。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ

高慢と偏見 上   ちくま文庫 お 42-1高慢と偏見 上 ちくま文庫 お 42-1
(2003/08)
ジェイン オースティン

商品詳細を見る
高慢と偏見 下   ちくま文庫 お 42-2高慢と偏見 下 ちくま文庫 お 42-2
(2003/08)
ジェイン オースティン

商品詳細を見る


【セクレタリー】 ★★★66点
セクレタリーセクレタリー
(2006/10/27)
【製作】2002年、アメリカ
【監督】スティーヴン・シャインバーグ
【出演】 マギー・ギレンホール、ジェームズ・スペイダー 他
(ラブ・コメディ)

商品詳細を見る
(あらすじ)
繊細な心の持ち主で、小さい頃から自傷行為を繰り返していた内向的な女性リー。
自立のために弁護士事務所の秘書の仕事に就く。しかし、仕事初日から彼女を待ち受けていたのは、
事務所のボスであるグレイの一風変わった秘書教育だった。
グレイはリーに対して一見して陰湿なイジメとしか思えない要求を次々と命じていく。
ところが、リーはそんな理不尽な“教育”にもめげるどころか、徐々に快感を感じ始めていくのだった…。



アマゾンで「セクレタリー」を検索すると、アダルト関係ばかり引っ掛かかりますね。
本作はけしてアダルト作品ではないのですが・・・調教ものではあります。(汗)
隠れMっ子が、素敵なS弁護士に出会って、開発されちゃうという・・・あのう・・・
だからAVではないんですよ?(汗)

気づくと何回も見ていました。かなり好きです・・・
評点が微妙ですが、これぐらいの微妙さが丁度良い気がします。

ヒロインのリーは、自傷癖持ちの隠れM女。とてもオイシイ子・・ではなくてイタイ子ですね。
おどおどとした所作で、見るからにそんな雰囲気を醸し出してます。
Mに目覚めてからは、見違えるように煌めいてます
ほんと観客そっちのけで幸せそうやね。

サド弁護士のグレイは、普段はそれなりに正常を装ってますが、
さすがジェームズ・ズペイダー演じる変態キャラ、目がイッてます!
調教方法は、言葉責めとお尻ペンペンと拘束ぐらいなのでソフトSMなんですかね?
って知るかー!断じて知るかー!

リーの家族問題などの要素も盛り込まれていますが、二人の世界で映画は回っているので、
そんなことは大したことではなさそうです。
それならば二人の関係をとことん突き詰めて撮って欲しかった。
ただし、下手するとただの調教物で終わる可能性も大ですが。
その辺りの描写が軽めだから、ソフトSMに見えたのかしら。

ラブコメにしては、マニアックなテーマを扱っていますが、
危険な世界をちらりとのぞき見するのも、たまには良いのではないでしょうか。
やってる行為は変わってますが、互いに一途だったり臆病だったりと純愛

原作はメアリー・ゲイツキルの「悪いこと」という短編集の中の「秘書」という作品。
こちらもチェックしましたが、映画とはかなり違って、S弁護士は訴えられてます。(笑)
昔一度だけ、ハーレークイーン小説で秘書ものを読んだことがあるのですが、
「マイ・ハニー♪」とか「マイ・スウィート♪」の連発で萎えました・・・
やっぱりご飯に味噌汁の純日本風が自分に合ってるなあ。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【ベルヴィル・ランデブー】★★44点
ベルヴィル・ランデブーベルヴィル・ランデブー
(2007/07/18)
【製作】 2002年、フランス、ベルギー、カナダ
【監督】 シルヴァン・ショメ
(アニメ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
孤独な少年シャンピオンは、祖母のスーザが与えてくれたピアノやおもちゃに興味が持てずにいた。
ある日、スーザが贈った三輪車がシャンピオンの人生を変える。
時が過ぎ、トレーニングを積んだシャンピオンは、世界最高峰の自転車競技、
ツール・ド・フランスに参加することに。
ところが、シャンピオンと他2名の選手がレースの途中に何者かに誘拐されてしまう。
スーザは愛犬ブルーノを連れ、シャンピオンを乗せた船を追って太平洋を超え、
ベルヴィルの街にたどり着くが…。


その男の目は、うつろで腫れぼったく視線は宙を泳いでいた・・・
鼻は口ばしのように突き出ており、やせ細った体には不似合いなほど、足がふくれていた・・・
そして、傍らには一匹の犬が、赤い目玉をギョロつかせ、餓鬼のように膨れた腹を揺らし、
ひたすらに円を描いているのだった・・・


ホラー作品ではないはずなんですが、悪夢を見ているような80分でした。
T○UTAYAでジャケットを見て、ほんわかとした童話のような作品かと思って借りてみたら、
まるでデビット・リンチの世界・・・ ンギャーーー

まず青年になったシャンピオンが気持ち悪すぎる・・・
冒頭に書いたような容姿で、ひな鳥を見ているような気分になって、
思わずリンチの「イレイザーヘッド」を思い出して、くじけそうに・・・
そして、時折差し込まれるモノクロの映像(犬の妄想?)がさらに私の心を乱す・・・

彼の食べているポテトサラダ?っぽいのが、暗い緑色で壮絶にまずそう。
途中、ベルヴィルに住む三つ子のおばあちゃん達が出てくるんですが、
メインディッシュにカエル、デザートにおたまじゃくしのポップコーン?
これも壮絶にまずそうでした・・・食欲減退するなあ・・・

スーザおばあちゃん

スーザおばあちゃんが、唯一見た目がかわいいと言えるのではないでしょうか。
通行人や、歓声上げてる人、選手や、ショーガールなどもユニークすぎて直視できず、
うしろの手書きっぽい、ほんわかとしたタッチの背景に視線を移してました。(逃避行動)

選手と観衆

セリフはほとんどなく、音楽と映像によるストーリー展開でした。
なので、ちゃんと見てないと話がわからなかったりするんですが・・・映像をあまり直視したくない。(汗)
三つ子のおばあちゃんの歌う曲は、ノリが良くてちょっと救われました。

映画の評価は高いようで、絶賛するレビューも多いのですが、フランスの感覚にはついけてませんでした。
外国アニメは、西遊記や、影絵のアラビアンナイト、人形劇など、
日本のとは一味違った表現が面白くて好きだったので、ここまで拒絶反応が出るとは
私自身びっくりでした。あのキャラデザは前衛的すぎる・・・

フランス映画には傷つけられてばかりいる気がする・・・
私に優しいフランス映画はないかしら・・・ジュテーム・・・

優しさをポチッとお願いします。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【悪魔のいけにえ】★★☆50点
悪魔のいけにえ スペシャル・エディション(2枚組)悪魔のいけにえ スペシャル・エディション(2枚組)
(2007/06/08)
【製作】 1975年、アメリカ
【監督】 トビー・フーパー
【出演】 マリリン・バーンズ、ポール・A・パーティン 他
(ホラー)
商品詳細を見る
(あらすじ)
猛暑に襲われた真夏のテキサスを、ワゴン車でドライブ旅行する5人の若者たちがいた。
彼らはサリーの祖父が埋葬されている墓地に立ち寄る。
その周辺では墓荒しが続発、遺体が盗まれるという怪事件が続いていた。
墓が無事なのを確認すると、若者たちは、サリーと彼女の兄が、幼少の頃過ごした屋敷へ向かう。
これが想像を絶する惨劇の幕開けになるとは、そのときは誰も予想できなかった・・・



元祖チェーンソー!
ホラー作品は、さらにカテゴリーが分かれていますよね。
ゾンビ系や、吸血鬼系、エイリアン系に、海洋系・・・etc
そして、本作は「チェーンソー系」の元祖にあたる作品。
チェーンソー系だけでなく、その後のホラー映画全体に多大な影響を及ぼした作品でもあるそうです。
このシリーズは全く見たことがなかったので、改めて元祖を攻めてみました。

さて、若者たちは、とある狂人一家によって、めくるめく地獄のどん底に落とされていきます。
狂人一家の中でも、次男坊の「レザーフェイス」が一番強烈な印象。
劇中、ほとんどうめき声とか叫び声しかあげず、とってもシャイな彼ですが、
獲物(人間)を一目見たらば、恐ろしいほどの俊敏さで襲ってきます。
殺し方も容赦がありません。
始めトンカチ、次はフック、再びトンカチ、そしてチェーンソー!
進化していってますねえ。
うっかり、自分の足をチェーンソーで傷つけちゃったのはお愛想。(笑)

長男坊は、ジャック・ザ・リッパーに憧れているのか、ナイフ遊びが好きで自傷癖あり。
親父さんは、必殺ホウキ攻撃で、ピシ!ピシ!とこしゃくな攻撃で相手をいらつかせます。
そして、うっかりツボにハマってしまった、一家の長おじーちゃん!!
見た目はミイラちっくですが、ちゃんと生きてます。
じーちゃんは、昔は屠殺マスターだったそうなんですが、干からびてしまった華奢な手で、
トンカチを振る姿は、いとけなげ・・・ 好物は美女の血だよ!ちゅぱちゅぱ・・・

彼らのイカレっぷりは、それなりだったんですが、主人公のサリーが始終きゃぁあああああーーー
きゃぁああああああああーー
と喚きっぱなしなので、私にはその声のほうがダメージ高かったです。
走りながらきゃああああーー、ひっくり返りながらきゃあああああーー、ドアップできゃあああーーー
お前、酸欠で死ぬぞ!

映画全体に流れる、不穏な空気、狂気の演出は、なかなかかと思います。
撮影方法(アングルなど)が、工夫されているなと感じるところもありました。
しかし、30年も前の作品なので、映像や演出に古さを感じるのは、どうしようもないですね。
本作のオリジナルフィルムは、有名美術館で保存されていて、映画資料としてかなり貴重みたい。
とりあえず、名作を見たよという感じでした。
しかし、じーちゃんは、いい味出してたなあ・・・(笑)

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ

悪魔のいけにえ スペシャル・エディション コンプリートBOX(3枚組)悪魔のいけにえ スペシャル・エディション コンプリートBOX(3枚組)
(2007/07/13)
ポール・A・パーティン、マリリン・バーンズ 他

商品詳細を見る


【赤ずきんの森】★20点
赤ずきんの森赤ずきんの森
(2007/07/06)
【製作】 2005年、イギリス
【監督】 クレイグ・スタラチェン
【出演】 マーティン・コンプストン、ピーター・カパルディ 他
(ホラー・サスペンス)
商品詳細を見る
(あらすじ)
16歳の少女ケリーはボーイフレンドと愛を育み、男の子を出産する。
しかし周囲の大人たちは彼女が子供を育てるには幼すぎるという理由で男の子を取り上げてしまう。
それから6週間後、失意にくれるケリーは友だちと森に出かけ、そこで赤ちゃんの泣き声を耳にする…。



本作と全く関係ない話なんですが、レンタル屋で見た「恐怖!キノコ男」「怪奇!兎男」
ダブルタイトルが頭から離れません。
駄作の匂いプンプンするんですけど、タイトルの付け方がとても昭和30年代で、涙がでてきそうに・・・
はなりませんでしたが、棚からなくなる前に見てみたい。

さて、今回は狼??ものです。
昨今のCG技術の溢れる映画作品の中で、久々に見ました、
バレバレの着ぐるみのモンスター。
一瞬80年代の作品かと疑ってしまいましたが、2005年に製作されたのは間違いなさそうです。
お金ないにしても、ひでえ出来・・・

襲ってきたモンスターが、とても狼さんと言える様な姿には見えなくて、
むしろイノシシに近いかと・・・つか下半身が貧相!!造りも貧相!!
「狼男アメリカン」の狼のように、狼の頭部を乗せた台車を、人間がひいてるのかと疑ってしまいました。

あと、赤ずきんの話がどう関連しているのか、わかりませんでした。
本編では、人食い一族の生き残りが森に潜んでいるという逸話が話されていましたが、
モンスターの外見が狼っぽく見えたから?
これは日本の担当者が勝手にイメージを作っちゃったんだろうなあ・・・
・・・はあぁあぁぁ・・・

主人公の少女とその友達は、このモンスターに襲われ、ことごとく死んでゆきます。
牧場とわずかな民家しか見当たらない広大な自然の中で、救いを求めるも、
関わった人は、もれなく食い殺されてしまいます。

主に夜間に襲われるんですが、画面が暗いままで、襲われている様子がよくわかりません。
なので、恐怖があまり伝わってこないというか、よく見えないのが逆にイライラします。
結末もさえない感じで、恐怖も高揚も笑いもエロ(?)もなく、終わってしまいました。
こういう何の取りあげようのない作品を見るのは、疲れますな。

ちなみにアマゾンの作品紹介の欄で、「ソリッド・シチュエーション・メルヘン・スリラー作品」
書いてあったんですが・・・思い切り迷走している・・・(笑)
久々に疲れる作品でした。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【デッドマンズ・プリズン】★★★☆68点
デッドマンズ・プリズンデッドマンズ・プリズン
(2007/05/25)

【製作】 2005年、アメリカ
【監督】 ピーター・マーヴィス
【出演】 ベイ・ブルーナー、ブリック・ファイヤーストーン 他
(ホラー)
商品詳細を見る
(あらすじ)
刑務所に新たに収容されてきたトラビス。
彼は実験用のバイオ毒素に感染しており、まもなく射殺された。
しかし、その毒素に感染したものは、死んだのちゾンビとなって新鮮な肉を求め、
人間に襲い掛かるということが判明する。
それに気付いた時には、既に刑務所内でゾンビの群れが人肉に貪り食っており…。



ゾンビものです。私が見たのは、またしても輸入版のほうで「DEAD MEN WALKING」です。
これも、会話はあまり聞き取れなかったんですが、この手の作品は、
それほど複雑なストーリーでもないので、画面を追っていくだけでも充分かと。
今では、国内版DVDも出ており、レンタル屋でも見かけました。

さて、初っ端から事件はすでに起こっています。
とある住宅で起こる惨劇。一人の男(トラビス)が、身内らしき人間を片っ端から撃ち殺していく。
そして、自らも死のうとした瞬間、警官によって拘束、そして刑務所に収容されてしまう。
しかし、すでに彼の中では変化が起こっていた。
あたりに血反吐を吐きまくり、遂には死んでしまう。
ところがどっこい!ゾンビになって、刑務所の人間を襲いだすわけですね~

バイオ毒素の感染者の体液に触れればもちろん、噛まれた人間ももれなくゾンビ。
囚人、警官、面会人など、ことごとく襲われ、ゾンビの仲間に。
こういうスプラッターものでは、あまり子どもが犠牲者になるのはあまりないんですが、
大人子どもの区別なく皆ゾンビに・・・

刑務所という閉鎖空間が、被害を広めてゆきます。
ゾンビメイクも気合い入ってますし、スプラッタ表現もそこそこ。
ゾンビ達の食事シーンが結構出てくるので、見ているこっちもお腹いっぱい
コメディ部分は、ほとんどない、ガチホラー作品。
感染者が揃って、ゲボゲボ血反吐を吐いてるシーンは、変てこりんで笑ってしまったが。

主人公らしき、女警官の意外な末路はびっくり。
いつもながら、ゾンビ作品に安寧はない。
この女警官が、友近に似ていると他所でよく書かれていたんですが、
改めて見ると、似ている・・・!似すぎだよ!
むしろ友近のキャサリンverですよ!
これでコメディ・ポイントが増えましたね。(笑)
ちなみにディラン(?)は、奮戦するも噛まれてゾンビ化、キャサリンに銃殺されました。南無。

ランキング投票もよろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【ブレインデッド】★★★★☆90点
ブレインデッドブレインデッド
(2002/02/22)
【製作】 1992年、ニュージーランド
【監督】 ピーター・ジャクソン
【出演】 ティモシー・バルム、ダイアナ・ペニャルバーム 他
(ホラー・コメディ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
アフリカ奥地で発見された未知の生物ラット・モンキーに噛まれたためにゾンビ化してしまった母親。
息子のマザコン青年はなんとか事態の収拾を図るが、その間にも犠牲者の数は増えていく・・・



現時点で私の中での、最高のスプラッタ・ホラー・ラブ・コメディ!!(意味不明)
厳密に言うと、私が見たのは、輸入版DVDで原題の「DEAD ALIVE」です。
日本製品は既に廃盤になっていて、中古品でもプレミアついちゃってるようです。
ちなみに、日本ではこっちのパッケージのほうが、見覚えのある人が多いのでは?
パッケージイラストのような妖しい雰囲気は、本作には微塵もないのであしからず。(汗)

brain01.jpg

さて話が逸れますが、私の従兄弟がかなりのホラー・マニアでして、私がホラー作品を見ると知るや、
毎回多くのDVDを押し付けて貸してくれるようになりまして。
その兄いわく、「一味違うぞ」と念押ししてくるので、「まあ、暇つぶしにいっかー」と軽い気持ちで見たらば・・
なんじゃ、こりゃぁああーー

まず、再生でつまづく。輸入版DVDなので、英語字幕ならなんとなく雰囲気でわかるかしらと思っていたら、字幕選択が「Spanish(スペイン語)」か「French(フランス語)」しかねえ!
ええー! 一応、字幕を表示してみるが・・・ボンソワ・・・??
見る気が一気にショボン・・・よくよく聞いてみると英語でしゃべってる?
とりあえず、見る気が復活。
なので、これから紹介する内容は、画像情報とつたない拾い聞きに頼ったものなので、
内容がおかしくても、ご勘弁を。なんとなく雰囲気を察してください。

さて、主人公の名前が良く聞き取れなかったので、便宜上、ロビー君(仮名)と命名。(汗)
ロビー君は、とっっても母親思いの良い息子。今日もママンの命令で、町に買い物だ。
とある雑貨屋に入ったところ、ラテン娘のアニータちゃん(仮名)が、彼にフォーリン・ラブ!
ロビー君を運命の人だと直感した彼女は、すぐさま自宅までストーキングしてきちゃうほどの
痛い情熱的な女の子。さっそくデートの約束もしちゃったぞ。

そんな様子を見たママンはご立腹。
デートに出かけた息子を追っかけて、邪魔をしようとするママン。
すると、動物園の奇獣(ラット・モンキー)に腕をガブリッ!
ムギャー!怒ったママンは、モンキーを自力で粉砕。 ひでぶ。

駆けつけたロビーは、ママンを介抱するけれど、なんだか様子がおかしい。。。?
だって、うっかり顔の皮膚をはがしちゃったり、スープ皿の中に耳を落っとこしたり、
はたまた飼い犬をまるごと食べちゃったり。
ママン、腐ってます・・・
そんなママンは、看護婦さんや、地元の不良少年、空手家の神父さんを襲い、
もれなく彼らもゾンビに変身。
おまけに、ゾンビ同士××して、赤ちゃんまで出来ちゃう!OH!ジーザス!
ロビー君は彼らの世話で、心身ともにげっそり。

そんなところへ、デブのおやじがやってきて、ロビー君の家でパーティーを開くって、なんてこったい!
パーティのバカ騒ぎに、倉庫の中のゾンビ達も暴れだして、次々と人間を襲う!
アニータちゃんも危ない―!!
とうとうキレちゃったロビー君。芝刈り機(?)を持ち出して、
ゾンビ達をメッタ斬りだぁぁああ!

その光景はさながら、ワンマン・スプラッターショー。恍惚とした表情のロビー君。
アニータちゃんもうっとりしてる!?

そこへ、最強のラスボス登場!
なんと巨大化したママン―「ビッグ・ママン(仮名)」の登場!!
ロビー君はママンに丸呑みされるも、アニータちゃんから貰ったお守りのおかげで脱出。
そして、ママンを爆殺!!ママンーー!!
ようやく助かったロビー君とアニータちゃんは、互いに抱きしめあい、歓喜のキスを交わすのでした。
めでたし、めでたし・・・

って、なんじゃこりゃああーー!!
はい、すんません。だいたい内容はこんな感じだと思うんですが、
今、他の記事を調べてみたら、主人公君の名前はロビーではなくて「ライオネル」
アニータは「パキータ」でした。アニータとパキータはニアミスですね、てへっ!

さて、長々と内容を説明しましたが、これのすごいところは、ハンパないスプラッタシーンと
底ぬけのコメディ
が調和しているところでしょうか。だから、鑑賞後は苦笑いしかできない。
特に、空手家の神父さんの戦闘シーンは、マーシャルアーツ・アクション映画みたいで、
かなり浮いてます。(笑)ゾンビになってからも、超ファンキー!
ロビー君じゃねえ、ライオネル君のゾンビ虐殺シーンも、楽しんでるとしか思えない。
いやはや、もう好き勝手にやってくれます。脱帽。

ちなみに、お気づきかもしれませんが、本作の監督はあの「ロード・オブ・ザ・リング」
ピーター・ジャクソンです。
アカデミー賞を取る監督のホラー映画は、アカデミー級の衝撃でした。
スプラッタシーンも今まで見てきたのとは、確実に「違う」作品でしたし。
ただ、画面いっぱい血まみれの作品なので、ほんと人に勧めにくい。(笑)
覚悟してご鑑賞下さい~

ランキング投票もよろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【ザ・ウォッチャー】 ★★43点
ザ・ウォッチャーザ・ウォッチャー
(2004/11/26)
【製作】 2000年、アメリカ
【監督】 ジョー・チャーバニック
【出演】 キアヌ・リーブス、ジェームズ・スペイダー 他
(サスペンス)
商品詳細を見る
(あらすじ)
FBI捜査官のジョエル・キャンベル。彼はLAを逃げるように発ち、ここシカゴに移り住んでいた。
LAでは孤独な女性ばかりを襲う殺人鬼グリフィンを追っていたが、
自分に挑戦するかのように繰り返される予告殺人を阻止することができなかった。
悪夢のような過去を忘れ、新たに平穏な生活を求めてシカゴにやって来たキャンベルだったが、
そこで再び同じ手口の殺人事件に出くわすことになる……。


直訳:殺人鬼(男)に惚れられたFBI捜査官(男)の悲運なお話。

映画公開時、日本では「キアヌが美しい殺人者に扮する」とか
キャッチコピーがついて紹介されていました。
当時、友人同士で「ウォッチャーのキアヌかっこいいね~と」ミーハーな会話してました。
結局劇場には行かずに、後からDVDで視聴したのですが・・・・・・キ・・アヌ?

一応キアヌは殺人鬼の役なんですが、その実体はナルなストーカー。
しかも追っかけてるのは・・・うおーい、おい。

逐一キャンベル捜査官に殺人予告状(ラブレター?)を送ったり、
生活状況をウォッチングしたり、墓場へデートに誘ったりとマメだとは思うんですが、
ちょっと否定すると逆キレして銃撃する困ったさん。
付き合うのはぜひ勘弁したいところです。
また小粋なダンスを披露してくれたり、自ら火ダルマになってくれたりと、
珍しいサービスをしてくれているのもミソ。・・・美しい殺人者なの・・・か?

そんな殺人鬼に惚れられてしまったジェームズ・スペイダー演じるFBI捜査官キャンベル。
グリフィンよって起きた過去の事件のせいで、神経衰弱になるは、
睡眠薬漬けになるは、仕事もできないはで、スタート時から既にHPが瀕死状態。
ついでに呪われてる感じです。
わざわざシカゴへ逃げてきたのに、グリフィンが追っかけてくるので、とことんツイてません。
なんとか現場復帰するも、しばらくしたら冷蔵庫の前でぶっ倒れてヘコヘコ。
誰かベホマかけてあげてー!

さて、この二人の男の対決はいかに!?

・・・お互い、それなりに幸せそうなエンディングでした。

ランキング投票もよろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【アンダー・ザ・ワールド】★★★65点
アンダーワールド 期間限定スペシャルプライスアンダーワールド 期間限定スペシャルプライス
(2006/08/23)
【製作】2003年、アメリカ
【監督】レン・ワイズマン
【出演】ケイト・ベッキンセイル 、スコット・スピードマン他
(ホラー・アクション)
商品詳細を見る
(あらすじ)
数百年にわたって戦い続けてきた吸血鬼族と狼男族=ライカン。
そんな中、吸血鬼の女戦士セリーンは、ライカンがマイケルという人間の青年を
執拗に追いかけていることに疑問を抱く。
陰謀の匂いを嗅ぎ取ったセリーンは、ライカン同様、マイケルを追うが、
やがてこのマイケルになぜか心惹かれていく。
しかしマイケルがなんとライカンの君主に噛まれてしまい……。



ゾンビ、狼男ときて今度は吸血鬼です。
吸血鬼は、クールで美形さんが比較的多いですね。
本作の吸血鬼セリーンもクール・ビューティーさん。

スタイリッシュで黒で引き締めた画面がカッコヨイ。
舞台はアメリカなんですが、ヨーロッパの雰囲気がします。

まず、ヒロインの女吸血鬼セリーヌが、知的系美人!
厚底ブーツに黒の全身スーツ&コートと、マトリックス調な装いがとても似合っています。
吸血鬼パワーを出すときに、目が青く透き通るのも胸キュンです
吸血鬼軍団は、男女とも美形が多いので、見ていて華やかですね~

対して、狼男達は野郎ばかりの集団なので、ムサイ
その様はサッカー部か、野球部のようです。
仲間内でファイトして遊んでるんですが、その光景は、まるで部活後の更衣室のよう。
男くさいです。寂しいです。彼女欲しいです。
そりゃ、優雅にブルジョア生活送ってる吸血鬼に、当たりたくもなりますって。

ストーリーは、「吸血鬼VS狼男」の一言に尽きます。
途中で勢力図が変化しますが、アクションのど派手さとかっこよさが売り。

オリジナル部分は、新種が登場するところでしょうか。
吸血鬼と狼男、両方の性質を持った新種なんですが、なんて表現すりゃいいんだ
狼男に噛まれ、吸血鬼にも噛まれて、なおかつ遺伝子も関係してくるので、非常にレアな存在。
そうしてモンスター達が群雄割拠し、バトルは否応なしにも激化してゆきます。
バトルに始まり、バトルに終わる!

ぜひ、戦う女セリーンの美しさに酔ってくださいな。
続編もあるので、それは次回にて!続く!

ランキング投票もよろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【50回目のファースト・キス】★★☆45点
50回目のファースト・キス50回目のファースト・キス
(2007/11/28)
【製作】2004年、アメリカ
【監督】ピーター・シーガル
【出演】アダム・サンドラー 、ドリュー・バリモア他
(ラブストーリー・コメディ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
交通事故にあって以来、記憶障害で短期の記憶を維持できず、一晩眠ると忘れてしまうルーシー。
そんな彼女に恋したヘンリーは、毎日彼女にアプローチしてはフラれる日々を繰り返す。
しかし、彼女の中に変化が訪れていた。
恋はルーシーの病を治すことができるのか…。



動物いっぱい!下ネタいっぱい!
気楽に見れるコント・ラブストーリー。

イモ娘からアクション美女まで、バリモアは役の幅が広い。
ブスと呼ばれてイジメられたり、魅力的な美女として崇拝されたりと、えらい差があります。
私はイモっ娘役の彼女が好きなのですが、最後にはチャーミングに変身しているので不思議。

あとバリュモアの出演してるラブコメのタイトルが、「25年目のキス」「2番目のキス」ときて
本作の「50回目のファースト・キス」とは恐れ入りました。
これからも、この法則でタイトル付けてくんかな?

本作では記憶障害の女性を演じています。それ以外は一般的な女性。
しかし満面の笑みがかわいいさね~。
バットで野郎を殴る姿もかわいくて(?)、うぷぷと笑っちゃう。

さて、そんな彼女に恋するのはアダム演じるヘンリー。
動物園の飼育係をしつつ観光客を引っ掛けて遊んでいる、わかりやすいチャラ男。
なぜにこの手の男がよくモテるのかと思うのですが、ルーシーに会ってからの、
一途なアプローチには努力賞かと。

一日が終わると記憶がリセットされるルーシーを、毎日毎日あの手この手で口説き落とす。
その繰り返しでありながらも、一歩一歩進展していっているのがにくい。
最初はヘンリーに警戒していたルーシーの父親と弟も、
なんだかんだとサポートしているのも、家族愛だなと。

他にも海洋生物がいろいろ出てきます。
オットセイ?にペンギンにイルカに魚?
細かい芸を仕込んでますなあ~

普通に楽しめる作品と思うのですが、私には刺激が足らんかったです。
「痛みを伴わない恋は恋じゃない」と昔誰か言ってたような気がしますが、もっと痛みが欲しかった!
お尻ペンペンとか拘束プレイとか、はたまた・・・
一回死んできます・・・。

ランキング投票もよろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【蜀山奇博 天空の剣】★★☆50点
蜀山奇博・天空の剣蜀山奇博・天空の剣
(2007/05/10)
【製作】 1984年、中国(香港
【監督】 ツイ・ハーク
【出演】 ユン・ピョウ、サモ・ハン・キンポー 他
(アクション・ファンタジー)
商品詳細を見る
(あらすじ)
5世紀の中国。民衆は非道な悪事を働く魔人軍団に脅えていた。
天の声を聞いた青年・童童(ユン・ピョウ)は、奴らに戦いを挑む。
魔人を倒す為に必要な天空の剣を苦難の末に手に入れ、決戦の地、蜀山を目指す、冒険活劇。



誰もがぶっとぶ武侠映画!これぞ香港!これぞワイヤーアクション!

Amazonで検索してみてびっくり。
いつの間にかデジタル・リマスター版なんてコジャレた商品が出てる!嬉しい驚き。
パッケージも大好きな剣士様幻城の女城主様×2がででんとフューチャー
後ろの白い爺さんはサモハン・キンポーやね。

小学生の頃に洋画劇場で放送していたのを見たのが、本作との馴れ初め。
それから十数年経っても、脳みその端っこに引っかかって気になってました。
覚えていた事と言えば・・・

●ユン・ピョウとサモハン・キンポーが出演
●剣士様が男前!
●女城主様が美人!
●ラストにジュディ・オング登場!!??


というバラバラな部分記憶。
どうにかこの記憶でググり、再び視聴するに至るのですが、
幼き日のワシの目に狂いはなかったわっ!くわっ!

さて、主人公はユン・ピョウですが、坊さん×2に剣士、女城主、サモハン演じる妖しい爺さんなど
濃ゆい俳優達が次から次へと出てきます。
ラストにはジュディ・オングスーパー仙女として登場。
お、お腹いっぱい・・・話のテンポも早いので、深く突っ込まず頭を軽くして見るのがおすすめ。
安っぽい音源も懐かしさを演出しています。

かくゆう私は、アダム・チェン演じる剣士さまの美形っぷりと武勇に酔いしれ、
ブリジット・リン演じる女城主さまの高貴な可憐さにうっとり~な1時間半でした。
石像を念力で動かして戯れる(笑)二人の姿はかわいいですねえ。
十数年越しに見てもうるわしい~。

ワイヤーアクションもふんだんで、俳優が飛びまくりの滞空時間長すぎですが、
これはそういう世界なのだと思って慣れましょう。
この手の作品を見すぎると、普通のアクションを映画を見たときに「なぜ飛ばない!?」
と物足りなくなります。あしからず。あと、本作の続編も製作されてたようです。へえー。

天上の剣-The Legend of ZU-天上の剣-The Legend of ZU-
(2004/02/06)
チャン・ツィイー、イーキン・チェン 他

商品詳細を見る

武侠はワイヤーが命!投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【バタリアン2】★☆32点
バタリアン2バタリアン2
(2007/10/12)

【製作】1987年、アメリカ
【監督】ケン・ウィーダーホーン
【出演】トム・マシューズ 、ジェームズ・カレン
(ホラー・コメディ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
死体をゾンビ化させてしまうガス缶を発見したジェシーとその仲間たち。3人がドラム缶を叩いてるうちにガスが噴出、地中へと溶け込んでいったガスは、墓場に埋められた死体を蘇らせてしまう…。


ゾンビの走るスピード: 従来比30%ダウン↓
ゾンビの怖さ: 従来比50%ダウン↓
ゾンビの強さ: 従来比45%ダウン↓
ゾンビの賢さ: 従来比30%ダウン↓
ヘタレ度: 従来比120%アップ↑


一作目のあのシュールさは一体どこへ!?と叫ばずにいられない。
本作もTVで一度視聴した覚えがあるのですが、あまり記憶に残っていなかったので、
DVDにて再視聴してみたのですが・・・そりゃ記憶に残らないわけですわ。

弱くて安ものメイクのバタリアン。
走るのが遅いバタリアン。
バタリアンに踏まれるバタリアン。
M・ジャクソンなバタリアン。
感電死するバタリアン。


・・・こんなバタリアンに誰がしたぁあああー
バタリアンやるならプライド持てよー!と理不尽な要求を押しつけたくなるほどバタリアンがパワーダウン。
強くないバタリアンは、ただのゾンビ。

ところで人間側といいますと、俳優陣では前作に出演していた、おまぬけコンビが再登場。
本作ではさらにヘッポコです。ガールフレンドも立ちすくんでキャーキャー言うだけで、
生き残る気合いが見られません。
ただ、ゾンビ化した彼氏のために、自ら進んで脳みそを食べさせてあげる健気さは買い・・・なのか?
とにかく、出演者がお互いに足を引っ張り合って事態をグダグダにしています。

TVを見ていた時の記憶では、本作でも変な名前がバタリアンに付けられていたような気がします。
ドーナツなんとか・・・とか?はて?オバンバも再登場してました。ファンサービス?

始終グダグダでゆるい作品でした。演じてる俳優さんたちは楽しそうでした。
あと、ゾンビ作品を見て常々思うことなんですが、死体は火葬にしたほうが良い。
日本は火葬派でよかった、よかった。

Blogランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【ペネロピ】グッズ情報
3月1日ペネロピを映画館にて再試聴してきました。新宿のタイムズスクエアで観てきたんですが、
平日の午前中にも関わらず、ヒマ人多すぎ!(自分含む)
観客は、女性が圧倒的に多かったです。

20080302151611.jpg 20080302151609.jpg 20080302151607.jpg

パンフレット以外にも、多数関連グッズが多数発売されてました。
・パンフレット・・・700円
・シール(全2種)・・・各200円
・ピンズ・・・各300円
・チャーム・・・各350円
※他にもエアウォッシュクリーナー(?)ってのが発売されていました。
※ピンズ、チャーム、エアウォッシュは、多数種類があります。

ピンズは前売りで発売された限定品を含めると、結構な種類が作られたようですね。
放映前後から、購入されている方が結構いました。
映画もこの調子で盛り上がってくれるといいなあ。放映劇場数が増えるとなお良し。

Blogランキング、よろしくです ranking にほんブログ村 映画ブログへ


変態映画友の会【はじめに】
さあ~!世にすべからく散布されている【変態映画】をこっそり&ワールドワイド(?)に愛でていきますよ~!ブログを立ち上げたのも、この友の輪を広げたいというのが目的だったり。

【変態映画友の会】

・タイトルが変態的。
・作品の内容や雰囲気が変態的。
・主人公が変態だ。
・ヒロインが変態だ。
・全員変態だ。
・50歩さがって見ても、やっぱり変態だ。
・人に勧めるには恥ずかしすぎる。
・勧めた自分が変態扱いされそう。
・でもそんな作品が好きだ。
・こっそり勧めたい。


以上の項目に一つでも当てはまる方、共感を覚えた方は、コメントや拍手などで、
アナタのオススメ変態映画をぜひ教えてください。
変態を演じさせたら抜群と思う、男優&女優もいたら教えてください。

ちなみに管理人タマのオススメ変態映画は・・・
【セクレタリー】
【セックスと嘘とビデオテープ】
【世界でいちばん不幸で幸せな私】
【リード・マイ・リップス】



【変態村】


などがありますが。。(汗)・・・って、いや、最後の「変態村」は違いますよー
あはははー・・・シャレになんねー

私のオススメする変態作品は、追々詳細をレビューしていきます。
人格を格段に下げていくような、変態映画の世界をご紹介していきますよ~!
あはは~い!

ランキング投票もよろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ




Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。