映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ショーン・オブ・ザ・デッド】★★★★☆90点
ショーン・オブ・ザ・デッド [ユニバーサル・セレクション] (初回生産限定)ショーン・オブ・ザ・デッド [ユニバーサル・セレクション] (初回生産限定)
(2007/07/13)
【製作】 年、イギリス
【監督】 エドガー・ライト
【出演】 サイモン・ペッグ.ケイト・アシュフィールド、ルーシー・デイヴィス 他
(ホラー・コメディ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
イイ年して大人になりきれないショーン。
仕事をしない幼なじみのエドと同居、自分は電器店の店員として働いているもののヤル気はゼロ。
なじみのパブ、ウィンチェスターに入り浸って生気のない暮らしを送っている。
ついに恋人リズ)にも愛想を尽かされ、落ち込んだ彼がしこたま酒を飲んで目覚めた翌朝。
いつの間にか、街はゾンビで溢れかえっていた!
ショーンは○○○○○を武器にゾンビと応戦、愛する恋人、母親、友人たちを救うため、
ヒーローとなって立ち上がるが・・・!?



笑ってハッピー!痛快ゾンビコメディ!
視聴前から、本国のサイトのスナップ写真見てるだけで、うぷぷぷと笑いを抑えきれないほど、
変なゾンビ映画でした。細かいところに、笑いを差し込んでくるから油断ならない。
過去の作品を踏襲したシーンも含まれているので、ゾンビ映画をよく知る人なら、
笑いどころがさらに増えるのではないでしょうか。

さて、冴えないショーンとニートなエドの、おバカコンビが色々やらかしてくれます。
だんだんと周囲がゾンビの世界になっているのにも関わらず、二人は普段どおりの生活。
行きつけのバーで酔っ払い、愚痴をこぼし、カウチで菓子を食べながらTVを見る。

そこへ迷い込んできた変な女。うっかり押しのけたら、庭のポールで串刺しにしちゃってさあ大変!
やっべー!と思ったら、なんか女が起き上がってくるんですけどー!?
おまけに、続いて変な男も迷い込んできた!そのとき二人は!?

その1: とりあえず、物を投げる。
その2: レコード盤を投げる。
その3: ○○○○○で殴る。


彼らの主要武器は、身近にある「とにかく殴れるもの」
アメリカ映画のように、銃でゾンビをバンバン撃ち殺すのではなく、とにかく殴る!殴る!
ショーンは、恋人と肉親を助けるため、ゾンビで溢れかえっている街中を、武器を片手に疾走!
普段はボンクラなセールスマンも、危機的状況にさらされて、ヒーローに覚醒するのだ。
時が経つにつれ、レベルアップしていくショーンの姿は勇者のよう。
RPGゲームのように、パーティを組んで進んでゆきます。
パーティの編成は、勇者&ヒロイン&スプーキー&へりくつ屋&冴えない女優&勇者の母
といったバランス具合。絶妙。

本作のゾンビは、ノロノロ歩いてウガーと襲いかかるノーマル・タイプ。
脳みそを狙って殴れば、戦闘不能になるので、結構弱い。
噛まれちゃうと、もれなくその人間もゾンビになってしまいますが、
生きた人間を識別する能力は、アバウトみたいです。
主人公たちの苦肉の策、「秘技!モノマネ!」は必見!

笑いあり、ラブあり、友情ありで、最後も明るい終わり方です。
春めいた脳みそに、ピリリとスパイスの効いたゾンビ映画をどうぞ~

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト




Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。