映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【サイレントヒル】★★★60点
サイレントヒルサイレントヒル
(2006/11/22)
【製作】 2006年、日本 アメリカ カナダ フランス
【監督】 クリストフ・ガンズ
【出演】 ラダ・ミッチェル、ローリー・ホールデン 他
(ホラー・サスペンス)
商品詳細を見る
(あらすじ)
ローズとクリストファー夫妻は養女シャロンの不思議な言動と悩んでいた。
突然「サイレントヒル…」とうめき声を出すシャロン。
ローズはサイレントヒルが実在すると知ると、娘を連れてその地を尋ねる。
しかし、そこは30年前に大火災で多くの人が亡くなり、いまは廃墟となっていた。
そして旅の途中、シャロンが行方不明になってしまう。



オリジナルのゲームは、ファンの間では、静岡とも言われ親しまれているホラー作品。
私は「サイレントヒル3」だけプレイしたことがあるんですが、
鉄が錆びたような裏世界と、思わず目を覆いたくなるような異形のクリーチャーの再現はさすが。
とにかく、怖いくて気持ち悪い。
悪夢を現実化したかのような世界です。

ストーリーは、主人公のローズが、サイレントヒルで行方不明になった娘シャロンを追いかけ、
そこで娘出生とサイレントヒルの秘密を知ってゆきます。
行く途中、サイレンが鳴り響くと突然現れる「裏世界」
そこでは、禍々しいクリーチャーが闊歩し、彼女を襲います。
そして、一定時間が経つと自然消滅し、また現実の世界に戻る。

無人と言われていたサイレントヒルには、僅かではありますが人間がいて、
突如出現する裏世界におびえながら暮らしています。
厳格な信者でもある彼らは、善行のためなら過激な行動も厭いません。
異形のクリーチャーも恐ろしいけれど、妄信的な集団も引けをとらず恐ろしい。
後半における彼らの行動には、驚愕させられます。

本作のみどころは、やはりその奇怪な世界の表現ですかね。
原作ゲームのファンも納得の、表現力ではないでしょか。
また、各所にゲームのBGMやテーマソングが使われているのも嬉しいですな。
エンディング曲は特にいい!
日本オリジナルの、土屋アンナによるイメージソングも良かったです。

話の内容は、わかりにくいところもあって、結局なんだったの?となるかもしれません。
ゲームをかじった程度の私も、わからない部分が色々あって、あとからググッて理解しました。
しかし、映像表現は一見の価値ありですので、お暇なときにでもどうぞ♪

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ

サイレントヒル プレミアム・エディションサイレントヒル プレミアム・エディション
(2006/11/22)
商品詳細を見る
サイレントヒル アルティメット・ボックスサイレントヒル アルティメット・ボックス
(2006/12/13)
商品詳細を見る
スポンサーサイト




Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。