映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ハイテンション】★★★65点
ハイテンション アンレイテッド・エディションハイテンション アンレイテッド・エディション
(2007/01/12)
【製作】 2003年、フランス
【監督】 アレクサンドル・アジャ
【出演】 セシル・ドゥ・フランス、マイウェン 他
(ホラー・サスペンス)
商品詳細を見る
(あらすじ)
女子大生のマリーは、親友アレックスと人里離れた田舎の実家で週末を過ごすことに。
そこに何の前触れもなく正体不明の男が姿を現し、最悪の恐怖が家族を襲う!
一人また一人と男の餌食にとなっていく家族…。
山奥の一軒屋で起きた一家惨殺事件、果たして犯人の正体は?その動機は?


地元のT○TAYAでは、ホラー作品ベストランキング1位の座に掲げられていました。
私は、国内版が出る以前、従兄弟経由で輸入版を見ました。
いつもながら、兄の鑑識眼には恐れ入ります・・・が、ホラーばっかやないかー!

当初、サスペンスものだと思って見ていたらば、本気のスプラッタが繰り広げられ、
あれよあれよと惨殺されていくので、私の気分は一気にローテンション。(おい)
ハイテンションなのは、主人公だけでした。

ある男によって、友人家族が惨殺されていきますが、一連の作業みたく
淡々と進んでいくので、呆けにとられます。
家中の騒動に気付き、ベット下やクローゼットの中で、息を殺して隠れる主人公の姿には、
見ている側もドッキドッキ!!
ああーー見つかるーーもうダメーとヒヤリヒヤリ。
きっと主人公なら大丈夫とわかってはいるものの、こういうのって吊られちゃいますな。

そして、男によって親友が拉致されます。
親友を救うべく、主人公はバンを追いかける!
そして、遂には男と対峙することに―!!その結末は!?

見所は、まあ男の惨殺っぷりと、それに対抗しようと画策する主人公の駆け引きでしょうか。
前半の鬼ごっこシーンは、心臓にきます。あわあわ・・・
スプラッタも気合い入ってますので、ご注意を。
老若男女、問答無用でバッサバサです。
あー・・・でもやっぱチェーンソーで殺られるのは、かなり痛そうで見てて嫌ですな。
学校の技術の時間に、ノコでちょっぴり手を切ったトラウマとかが蘇る感じです。規模小さいな、おい。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト




Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。