映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【サンゲリア2】★22点
サンゲリア2サンゲリア2
(2001/01/25)
【製作】 1988年、イタリア
【監督】 ルチオ・フルチ
【出演】 ディラン・セラフィアン、ベアトリス・リング 他
(ホラー)
商品詳細を見る
(あらすじ)
テロリスト集団が東南アジアの研究所を襲い細菌兵器デス・ワンを奪うが、
ひとりの男が誤って感染し死亡する。
その死体を回収した軍隊は焼却処分にするが、デス・ワンは煙と共に散乱、
鳥を媒介として人間に感染していく。
感染した人間はゾンビと化し、生者を次々に襲っていく。
休暇中の兵士たちはゾンビと戦うが、事態の収拾を図る軍が特別部隊を投入して来たことから
三つ巴の死闘が始まるのだった……。


しばらくゲテモノ作品から離れていましたが、久々のゲテモノがこの作品かよ!?と
己に突っ込まずにいられないほど、フォローのしようもないグダグダ作品です。

1作目はそれなりに評価が高いようですが、1作目は見ておりません。
本作のストーリーは、全くあらすじ通りです。

まず、超機密事項であるはずの細菌兵器デス・ワンの扱いが粗雑すぎます。
めっさ危ないですよ!と研究員が言ってんのに、勝手に軍のお偉いさんが
感染者の遺体を焼却処分しちゃって、その煙がさらなる二次被害を招いて、
ちょっとやばいよ、君。ってなってから、ワクチンつくりましょって・・・
あっーーもーーーっっ!! イライライライラ・・・

久々にイライラしながら、映画を見ました。
なんで、こんな苦行みたいなことをしながら見ているのだろうか、自分・・・

そんな始終グダグダっぷり炸裂な本作でしたが、秀逸だったのは・・・
・ゾンビが獲物(ナタ)を使って攻撃してくるのが、意外だった。
・ゾンビの演技の仕方がよくわかってないエキストラがいて、逆に新鮮だった。
・池(?)に落ちた女性が次の瞬間、下半身がすっぽりなくなってたのは、意外だった。
・手で顔を掴まれただけで、豆腐のように顔が潰れる人間がありえなくて、意外だった。

ここまでフォローすればよいでしょうか。(汗)
B級好きの人以外は、あえて見る必要はないと思います。
いや、見なくていいです。ほんと。

本作も従兄弟のライボラリーからの一品です。
今更ながら、従兄弟はフルチ監督の作品が好きなんだと判明。
フルチには気をつけよう・・・

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト




Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。