映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ラブ・アクチュアリー】★★★★80点
ラブ・アクチュアリーラブ・アクチュアリー
(2006/04/01)
【製作】 2003年、イギリス
【監督】 リチャード・カーティス
【製作】 ヒュー・グラント、キーラ・ナイトリー 他
(恋愛・コメディ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
12月のロンドン、人々は幸せなクリスマスを迎えようと、ささやかな夢を胸に毎日を過ごしていた。
秘書に恋をした英国首相、義理の息子との関係に悩む父親、ポルトガル人のメイドと恋に落ちる小説家、
夫の浮気に気付き、悶々とした日々を過ごす熟年の主婦、親友の恋人に思いをよせる新進画家、
新曲のクリスマスソングに起死回生を賭ける元ロックスター――。
クリスマスに人生のクライマックスを迎えることを、誰もが願っていた。
そしてイブの夜、全てのドラマが、ハッピーエンドに向かって動き始めた。
様々な人々の「愛」についての物語。


一個で何粒もおいしいラブストーリー!
登場人物たちは、どこか滑稽で寂しさをひっそり抱えています。
そんな彼らが四苦八苦しながらも、それぞれの幸せを掴むために奔走する姿は、
純粋に応援したくなります。

19人の男女の、恋愛にまつわるお話が展開されます。
釈の長さに違いはありますが、登場人物同士、微妙に関連しています。
だれかの思い人は、だれかの知人であったり、家族であったりするわけです。

一番好きなキャラは、ちょっと選びにくいですが、元ロックスターのじーちゃん!
一番年長者ですが、やんちゃでファンキーな仕草で笑わせてくれます。
故に、その裏側に潜む孤独が、悲しくていとおしい。
彼の歌う曲は必見ですよ!
あとは、ヒュー・グラントの軟派そうに見える大統領や、
コリン・ファースの堅物でマヌケな小説家も、面白かったです。
ところどころに、イギリス節が炸裂していました。

Mr.ビーンで有名なローワン・アトキンスンの登場にはびっくり。
ちょこちょこ出てきては、いらつかせてくれます。(笑)
ちょこざいな演出に脱帽です。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト




Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。