映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ファイナル・デスティーネーション】★★★☆70点
ファイナル・デスティネーション 特別版ファイナル・デスティネーション 特別版
(2006/01/25)
【製作】 2000年、アメリカ
【監督】 ジェームズ・ウォン
【出演】 デボン・サワ
(ホラー・サスペンス)
商品詳細を見る
(あらすじ)
フランスへの修学旅行に心躍らせながら、離陸間際の飛行機に乗っていた高校生アレックス。
そのとき彼は飛行機が大爆発する悪夢を見て、そのあまりのリアルさに驚き、
機内から逃げ出して、教師や友人ら6人が彼を連れ戻そうと後を追う。
やがて、彼らを残して離陸した飛行機は、夢のとおり大爆発してしまった。
奇跡的に難を逃れたかに思えたが、本来死ぬ運命であった彼らにも、その後、死の運命が訪れる…。


死神さんは粘着質。
デスティネーション・シリーズの原点とも言える作品ですが、
続編に比べ残酷さは薄れるものの、死神のしつこさはかなりのもの。
そして座席表どおりに、殺してゆくキッチリさん。
他の記事で、死神の技を【恐怖のピタゴラスイッチ】と称していましたが、まさにその通り。
仕事の内容はアレですが、熱意と努力は素晴らしいです。
プロフェッショナルですねえー

狙われた彼らにとっては、恐怖以外なにものでもないわけですが、
前情報もないので手探りで死神と対抗してゆきます。
死神の鎌を回避したかと思った直後に、二の手がくるので油断なりません。
精神疲労も相当です。
このピタゴラスイッチから逃れる方法とは!?一体!?

三部作とも、なかなか楽しめました。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト




Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。