映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【パンズ・ラビリンス】★★★☆74点
パンズ・ラビリンス 通常版パンズ・ラビリンス 通常版
(2008/03/26)

【製作】 2006年、アメリカ、スペイン、メキシコ
【監督】 ギレルモ・デル・トロ
【出演】 イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ他
(ファンタジー・ドラマ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
内戦で父を亡くしたオフェリアは、母の再婚相手のヴィダル大尉の元に身を寄せるが、
彼は残忍な本性をちらつかせる。
孤独と不安に苛まれ、森を彷徨うオフェリアが足を踏み入れたのは迷宮。
彼女の前に現れたパン(牧神)は「魔法の国のプリンセスに違いない。
それを確かめるためには、3つの試練を克服しなければ」と言うのだった…。



近年のファンタジー・ブームを、ピリリとしめるかのようなシリアス作品でした。

ファンタジー=子ども向け、ではないと常々思っていたのですが、
やってくれました、パンズ・ラビリンス。
大の大人が見ても、痛々しさに目を瞑りたくなる作品でした。
内戦中のスペインを土台に、オフェリアが現実とフェアリー世界とを行き来して
ストーリーが展開されてゆきます。

緊迫した不穏な空気が漂う現実以上に、フェアリーの世界はおどろおどろしく、
混迷に満ち溢れています。
出てくる妖精達も、かわいいと思える容姿・・・ではない。
そしてオフェリアに淡々と試練を与え、静観しています。
試練を乗り越えていくオフェリアですが、ある失態をしてしまったことから、
妖精達に見放され、現実世界でも孤独に追いやられていきます。

さて、オフェリアの養父である大尉が、サディストで画面に出てくるだけで怖い。
ナイフで刺されても屁のカッパ。マッチョすぎる・・・
もう、早く死んでくれ!と願わずにはおれんです。
フェアリー界のモンスターも、ぎょっとするようなビジュアルでしたが、
大尉のほうがマジで怖い。
やー、生きてる人間が一番怖いって話なんでしょうか・・・

冒険活劇ファンタジーに飽きた人は、ぜひブラックの効いた本作をどうぞご覧あれ!

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ

パンズ・ラビリンス DVD-BOXパンズ・ラビリンス DVD-BOX
(2008/03/26)
イバナ・バケロダグ・ジョーンズ
商品詳細を見る
スポンサーサイト




Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。