映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【私たちの幸せな時間】★★☆53点
私たちの幸せな時間 [DVD]私たちの幸せな時間 [DVD]
(2007/12/21)

【製作】 2006年、韓国
【監督】 ソン・ヘソン
【出演】 カン・ドンウォン、イ・ナヨン
(ドラマ・恋愛)
商品詳細を見る
(あらすじ)
裕福な家庭に生まれながら、愛情に飢えて育ったユジュン。
一度は歌手として成功したが、今は引退し大学で美術を教えながら、投げやりに生きていた。
ある日、シスターである叔母に連れられて向かった刑務所で死刑囚のユンスと会った。
叔母に代わり、翌週もユンスに会いに来たユジュン。
そんな中、子供の頃から孤独に生きてきたユンスに、やがて愛情を感じるようになっていくが……。


未来に絶望し、全てを諦めたように生きるユジュンとユンス。
過去の傷と向き合い、赦すことによって、生きることに前向きになってゆく二人。
しかし時の流れは、死刑囚であるユンスを、確実に刻々と追い詰めてゆきます。

孤独な二人が、週一回の面会を通じて、しだいに歩み寄る様はほんわかします。
彼らの周りの心温かい人々もいい味出してます。

ラブストーリーとしてみれば、それなりの出来だと思うんですが、
この映画における司法機関がデタラメな気がしてならない。
ユンスの犯した事件の事実確認がデタラメ。
なので、死刑という判決はかなり重すぎる。
人生への絶望から、ユンスが自ら他者の罪まで被ったとも見えますが、
結果、瀕死状態の元カノを見放すって、ちょ、おまっ!!
・・・と後半突っ込みまくりでした。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト


【あるいは裏切りという名の犬】★★★☆76点
あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション [DVD]あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション [DVD]
(2007/06/08)

【製作】 2004年、フランス
【監督】 オリヴィエ・マルシャル
【出演】 ダニエル・オートゥイユジェラール・ドパルデュー
(ドラマ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
パリ警視庁のふたりの警視、正義感あふれるレオと野心家のドニ。
かつてひとりの女性を取り合い、彼女がレオ夫人となったことから、
友人だったふたりの間には深い溝ができた。
どうしても出世したいドニは、レオが指揮をとる現金強奪事件の捜査に無理やり入ってくる。
そんなとき情報屋に騙され、殺しのアリバイの片棒を担がされたレオ。
やがてその一件は、ドニに勘づかれ、彼の人生を左右する事態に発展していく。



骨太・フランス・ノワール!!
フランス映画は、ちょっと苦手な自分なのですが、久々にこれは!と思える作品がきました。

二人の渋みがかった中堅刑事の凌ぎあいが見所ですが、レオの部下達のキャラと熱さも良いです!
荒事もいとわない少々強引な捜査方で実績を上げていくレオ。
ロバート・デニーロっぽい渋オヤジで、常にハードボイルド・オーラとタバコ臭を漂わせてます。
いかにも「現場のたたき上げ」という貫禄のキャラクター。
なもんで、部下も血の気の多い、ファンキーな奴らばっか!(笑)
仲間の退職祝いに、警察署の看板を盗んでくるような、熱い奴らです!おいー!

一方、ドニは強かな野望を胸に秘め、着々とレオを追い詰めてゆきます。
かと思えば、仲間の危機を招く愚行をおかします。
計算してるようで、そうでもない・・・?
なんとも不思議なキャラでした。

しかし、確実に追い詰められてゆくレオ。
彼の負う悲劇の数々には、思わず目を伏せてしまいます。

ラストの意外な結末には、うあーっ!やられた、コンチクショー!
と泣かずにはいられなかったです。

早速、ハリウッドでリメイク決定らしんですが、レオ役にロバート・デ・ニーロって・・・
そのまんまのイメージやないかいっっ!
でも、きっと見ちゃうんだろうなあ・・・

冬は渋茶にミカン!!ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【中国の植物学者の娘たち】★★★62点
中国の植物学者の娘たち スペシャル・エディション [DVD]中国の植物学者の娘たち スペシャル・エディション [DVD]
(2008/04/25)

【製作】 2005年、カナダ、フランス
【監督】 ダイ・シージエ
【出演】 リー・シャオラングエン・ニュー・クイン
(恋愛・ドラマ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
湖に浮かぶ緑濃い小島。植物とともに暮らす植物学者のもとに、
孤児院で育った女子学生、ミンが実習生として赴任する。
遅刻したミンは到着するなり植物学者から怒鳴られ、
翌日には薬草と毒のあるトリカブトを間違えてまた怒鳴られる。
落ち込むミンをなぐさめたのは、植物学者の娘。
アンも10歳で母親を亡くし、厳格な父親に育てられ、寂しい毎日を送ってきた。
お互いが育ってきた境遇に共感する二人は、次第に姉妹のような安らぎを覚えていく。
かけがえのない人を見いだした喜びの中で、いつのまにか二人の関係は、
許されない愛へと高まっていく…。



画面が美しい・・です。
豊かな緑、ゆらめく水面、扇情的な温室のシーン。
広大な風景と二人の娘との対比が、せつなさを増大してます。

アンの父親の頑固さはかなりのもので、身の回りの世話はすべて娘まかせ。
時間厳守で茶の入れ方ひとつにもうるさい。
今までは、従順だったアンですが、ミンを得てから自我が強くなりだしたのか、
父親としばしば衝突しだします。
アンの兄の存在も、二人の関係に影を落とします。

ゆるやかに破滅へと向かってゆく様が、なんともせつないですね。
二人で願掛けする姿が、しばし余韻を残します。

ただ、男の人が書いた作品だなあーと感じる箇所がちらほら。
二人の娘たちが美化されすぎてる気もするし、道理のわからないところも・・・
処女かどうかって、どうやってわかったんだ?とかとか。
恋愛のエグ味もあまりなくてライトな印象でした。

風景描写は美しくて素晴らしかったです。
あの悠久の時間の中で、空を眺めながらぼんやりと過ごしてみたいなあ・・・

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ


【天使の涙】★★★60点
天使の涙 [DVD]天使の涙 [DVD]
(2006/06/23)

【製作】 1995年、香港
【監督】 ウォン・カーウェイ
【出演】 金城武チャーリー・ヤン
(香港・ラブストーリー)
商品詳細を見る
<あらすじ>
顔も知らないエージェントに惚れられ、殺し屋はこの関係に“期限”が近づいたことを知る。
また、失恋したある女は、前の恋を忘れるまでの“期限”で男と付き合う……。


エージェントに欲情

オムニバス形式の映画で、登場人物は5人。
殺し屋に、エージェント、行きずりの女、口の利けない青年、失恋女。
時にすれ違い、干渉しながら、話が進んでゆきます。

殺し屋を密かに想う女エージェントがたまらんかったです
顔を見たこともない殺し屋のために、彼の部屋を丹念に掃除し、懸想にふけります。
ミニスカートに網タイツ、くわえタバコをしながら始終けだるそうな彼女。
そんなスタイルで雑巾がけしてる姿は、エロイよ!(笑)

そんな彼女のアプローチを受ける殺し屋も、だるそうな感じ。覇気とか感じられんぞ。
淡々と仕事をして、早期退職するはずが、微妙にずれはじめます。

口の利けない青年を金城武が演じているんですが、
その昔、期限切れのパイナップル缶を食べ過ぎて、口が利けなくなり(汗)、
大きくなってからは、夜な夜な他人の店をのっとって無断営業するというハチャメチャ設定。
毎回、金城に物を売りつけられる、通りすがりのお兄さんが可哀想だけど笑ってしまう。

スットンキョウな人物ばかり出てくるので、「ちょっとついけてないよ」となるかもしれませんね。
まあ、女エージェントの○○シーン見れたから、いっか!

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ




Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。