映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ストレンジ・デイズ】★★★65点
ストレンジ・デイズ [DVD]ストレンジ・デイズ [DVD]
(1999/04/21)

【製作】1995年、アメリカ
【監督】キャスリン・ビグロー
【出演】レイフ・ファインズ、アンジェラ・バセット 他
(サスペンス)
商品詳細を見る
(あらすじ)
1999年12月30日。
他人の体験を感じることのできるディスクを闇販売しているレニー(レイフ・ファインズ)のもとに、
元恋人のフェイス(ジュリエット・ルイス)の友人が殺される瞬間を記録したディスクが届けられた。
次はフェイスが危ないと察知した彼は、2000年を目前に控えて沸き返る
おおみそかのロスの街へと急行する……。



ダメ男とオカンとビッチの、ドキドキ・サスペンス・アクション!

以前から、「この映画のラストシーンが良い!」「エンディング曲が良い!」と聞いて、
youtubeの抜粋シーンを何度か見ていたのですが、どこにもレンタルが置いてないので、ついに購入。
またうちの変態映画BOXの一員になってしまいました。

ダメ男&ヘタレ&体力ないの、三拍子そろったレニーを、
なだめすかして見守る、友人ののルイス(アンジェラ・バセット)がなんとも良い人です。
きっちりした性格に合った、フォーマルな装いがカッコイイ女性です。
けれど、こういうしっかりした女性より、フェイスのようなビッチに男は惹かれちゃうもんなんですよね。
ルイスがあまりに良い人すぎて、見ていて辛い。

サスペンスの内容は、まあ、なんといいますか、「え?アンタが犯人!?」と意外すぎて、
どうでも良かったと言いますか、底の深い感じはしませんでした。
それよりも、退廃的な雰囲気を楽しんだほうがいいかも。
ラストシーンは、何度見ても不思議な感じで、空を埋め尽くさんばかりの紙ふぶきは、ドラマチックです。
終わり方も、納得。でした。

しっかし、ジュリエット・ルイスは、ビッチ役のイメージしかない。
最近はバンド活動をしてるようですが、似合いすぎだ、ジュリエット。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト




Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。