映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【プラネット・テラー】★★★☆72点
プラネット・テラー プレミアム・エディションプラネット・テラー プレミアム・エディション
(2008/03/21)
【製作】 2007年、アメリカ
【監督】 プラネット・テラー in グラインドハウス
【出演】 ジェフ・フェイヒーステイシー・ファーガソン
(ホラー・アクション)
商品詳細を見る
(あらすじ)
テキサスの田舎町。米軍部隊長のマルドゥーンと科学者のアビーは生物化学兵器の取引をしていた。
しかし、予備の試薬を隠していることをマルドゥーンに知られたアビーは、実験装置を破壊。
噴出したガスにより人々はゾンビ状態のシッコ(感染者)になっていった。
ゴーゴーダンサーのチェリーは別れた恋人のレイとドライブ中に、シッコに片足を食いちぎられてしまい…。



新感覚ゾンビ・アクション!
くせになっちゃいそうな、ぶっ飛び加減でした。

画面が独特で、わざと傷の入ったフィルム仕立てにしたり、
ある時はフィルムの一部が消失してしまったという設定で、シーンカットしたり。
実験的な作品で、スタッフが楽しんでる姿が見えるようです。

肝心のゾンビなんですが、ゾンビというよりはトマト人間か!?という感じでして、
膨れた顔面もそうなんですが、銃で撃たれたときのやられ方が、
まるで熟れたトマトが弾け飛ぶようで・・・当分トマトを食べたくありません。(苦笑)
あと、頭ふっとびすぎる。

さて、ゾンビと対抗するキャラ達も濃いです。
レイの銃さばきもかっこいいですが、庇護されていた女達がふっきれた時の、パワフルさがすごい!
ムダな才能が存分に発揮されています。

片足を失い、マシンガンを義足&武器代わりに戦う主人公も良いですが、
夫のDVに怯えていた妻のアクションも切れてます!
マスカラが落ちてパンダのようになった目を、常にドアップで見開いてるのが素敵!
あと、バーベキューソースにこだわり続ける謎の兄弟(?)も必見です。
いくらバベキューがうまかろうと、あそこの店で食事はしたくない・・・

最後も希望的な終わり方で、始終楽しく見れました。
グロの部分は結構くるかもしれませんが、全部トマトだと思えば大丈夫です!
飛び散る血肉は、トマトペーストですから!
うあああぁぁあーだからトマトが食べれなくなるってえぇーー

そういえば、映画本編が始まる前に流れた映画の予告「マチェーテ」が非常に気になります。
老いた暗殺者が味方にはめられ瀕死になるも、復讐を誓い地獄から舞い戻ってくる・・!
というような内容っぽいんですが、アリエネー!な仕様で、B級映画アンテナがビンビン来ます。

そして、同時に作られた別作品「デス・プルーフ」も、クレイジーな作品のようです。
カート・ラッセルが、おかしいことになっている・・・(汗)

「マチェーテ」の映画化を真剣に希望!ranking にほんブログ村 映画ブログへ

デス・プルーフ プレミアム・エディションデス・プルーフ プレミアム・エディション
(2008/02/22)
クエンティン・タランティーノヴァネッサ・フェルリト
商品詳細を見る

グラインドハウス コンプリートBOX 【初回限定生産】グラインドハウス コンプリートBOX 【初回限定生産】
(2008/03/21)
クエンティン・タランティーノゾーイ・ベル
商品詳細を見る
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。