映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ダイアリー・オブ・ザ・デッド】★★☆50点
ダイアリー・オブ・ザ・デッド プレミアム・エディション [DVD]ダイアリー・オブ・ザ・デッド プレミアム・エディション [DVD]
(2009/04/24)

【製作】 2008年、アメリカ
【監督】 ジョージ・A・ロメロ
【出演】 ミシェル・モーガン、ジョシュ・クローズ
(ホラー)
商品詳細を見る
(あらすじ)
山の中で卒業制作のホラー映画を撮影していた、ジェイソンら映画学科の大学生たち。
そこに、世界各地で死者が蘇っているという、衝撃ニュースが流れてくる。
撮影を切り上げ、キャンピングカーでそれぞれの故郷を目指す彼らの前に、
蘇った死人が人々を襲う、信じられない光景が現出。
ドキュメンタリー監督志望のジェイソンは、全てをカメラに収めようと決意。
ニュースが錯綜する中、YouTubeには断片的な衝撃映像が次々にアップされていた。
この惨劇を後世に伝えるという使命に燃えるジェイソンだったが、
学生たちは一人また一人と犠牲になっていく…。


帰ってきたマスター・オブ・ザ・デッド=ロメロ監督!!
前作「ランド・オブ・ザ・デッド」では、ゾンビの哀愁が漂っておりましたが、
今作では世界が緩やかに滅亡していく様が出ていました。

「ブレア・ウィッチ」のような、登場人物が撮影してるカメラ映像がそのまま映画作品になっているので、
画面はブレブレだったりしてやや見にくいです。
そして、仲間がゾンビに襲われてても、カメラを回し続けてるジェイソンにイライラ・・・
おまえ、ちょっと助けてやれよ!と言いたくなるシーンがチラホラ。
そのせいで、他の仲間にもスカンくらったり、怒られたり、まあ当たり前ですな。

途中で出てくるアーミッシュのおじいちゃんが良い味出してます。
にっこり笑って、ゾンビにダイナマイツッッ!!
でっかい大鎌でソンビをサクーッッ!!
怖いよ、おじいちゃん・・・

そして、今回も例に漏れず、出口の見えないラスト・・・。
ゾンビも怖いけど、恐怖にかられた人間も怖い。
こうなると、人間はゾンビになったほうが幸せかもしれませんね・・・。

ゾンビでアンニュイ ranking にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。