映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ジェイン・オースティン 秘められた恋】★★★☆75点
ジェイン・オースティン 秘められた恋 [DVD]ジェイン・オースティン 秘められた恋 [DVD]
(2010/03/17)

【製作】2007年、イギリス
【監督】ジュリアン・ジャロルド
【出演】アン・ハサウェイ、ジェームズ・マカヴォイ
(恋愛)
商品詳細を見る
(あらすじ)
財産があり家柄の良い男との結婚が、唯一の女性の幸せな生き方とされていた18世紀のイギリス。
地方の貧しい牧師館の娘ジェイン(アン・ハサウェイ)は、両親や周囲の娘たちとは違い、
愛のための結婚をしたいと考えていた。
ある日ジェインは、兄・ヘンリーに伴われてジェインの暮らすハンプシャーに休暇でやってきた
トム・ルフロイ(ジェームズ・マカヴォイ)と出会う。
大叔父・ラングロイス判事の庇護の下、ロンドンで法律を学びながらも享楽的な生活を送っていたトムは、
貧しく洗練されていないハンプシャーの人々を蔑視する。
自分の才能を密かに自負していたジェインとも、初めは反発し合っていた。
それでも2人はさまざまな場所で顔を合わせることになり、いつしか惹かれあうようになる。
しかしこの恋は、周囲の人々に認められるはずもなかった・・・。



ロマンス小説の元祖「ジェイン・オースティン」の自伝的作品??
ジェイン・オースティンの自伝作品と宣伝されていましたが、どうやら事実ではないようなので、
まあ単純に恋愛映画として楽しむが吉。

ジェイン・オースティンの作品を読んだ事がある人なら、そこかしこに、そのモチーフが含まれていて
ニヤリとすること請け合い。

この時代のイギリスでは、結婚にまつわる話が中心。
財産が乏しい女性にとって、良い身分と財産をもった殿方との結婚は、良い人生を送る上で必要不可欠。
財産の乏しい男性にとっても同様のようですが、適齢期の女性の必死度はすさまじい。
このへんの意識の違いは、現代にも通じるところがありますね。

愛をとるか、財産をとるか・・・の選択があるならば、両方欲しいっちゅーのが本音ではありますが、(汗)
ジェインは新たな道を選びます。
自分の手によって生活していく、その選択の難しさ、そしてその覚悟には、共感させられます。

アン・ハサウェイとジェームズ・アカヴォイの組み合わせは、見ていて眼福でした。
皮肉を言い合いながらも、惹かれていくのって、恋愛ものの王道ですが、やっぱイイね!
ジェームズの悶々とした表情が、たまらんかったとです。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。