映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【プリンス&プリンセス】★★★☆70点
プリンス&プリンセスプリンス&プリンセス
(2007/07/18)
【製作】 1999年、フランス
【監督】 ミッシェル・オスロ
(アニメ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
好奇心旺盛な少年と少女が、魔法使いさながらの映写技師の協力を得て、
だれも知らないおとぎの国のお話―6つの国の6組のプリンスとプリンセスの愛の物語―を創造し、
その世界で無邪気に遊びます。

Chapitre1. 『プリンセスとダイアモンド』
 囚われのプリンセスを救い出すため、プリンスは草原の中から111個のダイアを探します。
Chapitre2.『少年といちじく』
 ファラオの時代。正直者の青年が、季節外れに実ったいちじくを、プリンセスに献上します。
Chapitre3.『魔女』
 中世。忌まわしき魔女退治に、ひとりの青年が武器を持たずに立ち上がります。
Chapitre4.『泥棒と老婆』
 北斎の時代の日本。老婆の肩掛けを盗もうとする泥棒が散々な一夜を過ごします。
Chapitre5.『冷酷なプリンセス』 
 未来。冷酷なプリンセスの孤独な心を、ウタドリ使いの青年が溶かします。
Chapitre6.『プリンス&プリンセス』
 永遠の愛を誓ったプリンスとプリンセスの身に降り注ぐ思いがけない試練とは?


またまた、フランスアニメです。ハマり出してるのかも?
短編作品が6つ収録されており、時代も国も異なる設定です。

作品は影絵で、キャラはほとんど真っ黒で、表情はわかりにくいですが、
想像する楽しみが増える気がします。

話も、童話にありがちな、王子は王女と恋におち結婚する―めでたし、めでたし、
というパターンではありません。そのパターンの話は1話目だけ。
他のは、現代的な童話らしく、ひねりが効いてます。
勧善懲悪ではないのも良いですな。

私が特に印象に残ったは、「魔女」、「泥棒と老婆」、「プリンス&プリンセス」
「泥棒と老婆」は特に粋な話で、昔読んだきっちょむさんのとんち話を思い出しました。
童心に戻ったようで、無性にワクワクしてしまう。
なんだか脳みそが春めいているようです。あー恋がしてえー(笑)

本作も、全年齢対象でオススメできる作品でっす!

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。