映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【インファナル・アフェアⅡ無間序曲】★★★☆70点
インファナル・アフェアII 無間序曲インファナル・アフェアII 無間序曲
(2006/07/19)
【製作】 2003年、香港
【監督】 アンドリュー・ラウ, アラン・マック
【出演】 エディソン・チャン、ショーン・ユー 他
(香港・ドラマ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
1991年、香港マフィアのボス、クワンが暗殺された。
離反を目論む手下たちは、跡を継いだハウに抑えられるが、
ひとり時期を待っていたサムは、ラウを警察へ潜入させる。
一方警察学校では、ウォン警部が、クワンの私生児と判明して退学になったヤンを、
ハウの組織へ潜入させた。
4年が過ぎ、組織の拡大とクワン殺害の復讐に燃えるハウは、不穏な手下を一掃し、
サムも、出張先のタイで襲われ消息を絶つ。
そして、香港返還の年がやってきた…。


お尻の青い子は立ち入り禁止!大人の色香ムンムン~!!
本作は、インファナル・アフェアより前の時代に焦点をあてた作品です。
前作の「インファナル・アフェア」で登場した人物も多数いますので、
一とおり見ておいたほうがよりわかりやすいかも。

ヤンとラウは年齢によって演じる役者さんが違うんですが、若き日のヤンをショーン・ユー、
ラウをエディソン・チャンが演じています。
ちなみに、中年になったヤンはトニー・レオン、ラウはアンディー・ラウが演じているんですが、
青年と中年とでは、顔の系統が異なるのはもちろん、身長差がえらいあったり、
同一人物やねんと言うには、かなり無理がある感じです。
その違和感に目を瞑れば、他は素晴らしい出来です。

本作も、男の哀愁が漂うストーリーですが、女もだまっちゃあいません。
サムの妻マリーの、一途で潔い生き様は、かっこよすぎます。
大人の女の魅力と強かさを、体現したような役。
並の男では彼女は扱いきれないです。
そんなマリーの夫サムは、小太りの外見から受ける、さえない印象とは異なり、本性はそら恐ろしい。
この時はまだ、ボスの有能な手下として働いていますが、虎視眈々とボスの座を見据え、爪を研いでます。

今回のマフィアのボス・ハウも、冷徹で理性的、徹底したやり口は生まれながらのマフィアのよう。
ただ、サムもそうですが、自分の家族をとても愛していて、家族に対する表情はとても優しい。
このギャップを見るから、とらえどころのない、底なしのような恐ろしさを感じるのかも。

警察側も中堅どころの刑事たちが、いい味出してます。
職務にまっとうする姿って、やっぱシビれますわ!
ウォン刑事と、その同僚ルク刑事のコンビに注目です。

結果、周りの大人たちの生き様のほうが壮絶で、メイン二人を完全に食っちゃってます。(笑)
背負うもんが違うというか、経験量が違うというか、度量の違いを見せ付けられちゃった感じです。
若い二人も健闘していましたが、あれを見せられたら、もうおいおい・・・というぐらい存在感が大きかった。
香港の役者さんの凄さを体感しました。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL

真・映画日記『インファナル・アフェア2』
1月16日(火) 日中はやや暖かい。 仕事もそれほど忙しくはない。 午後6時10分に終業。 新橋のTSUTAYAにビデオを返却。 霞ヶ関から丸の内線で新宿御苑前へ。 「clubACID」にて魅惑のクニオ氏主催の「えりりんナイト」に。 えりりんこと田村英里子の34歳?...  [続きを読む]
           2008/04/27/Sun 16:28




Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。