映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ブエノスアイレスの夜】★★☆57点
ブエノスアイレスの夜ブエノスアイレスの夜
(2005/06/24)
【製作】 2001年、アルゼンチン/スペイン
【監督】 フィト・パエス
【出演】 セシリア・ロス、ガエル・ガルシア・ベルナル 他

商品詳細を見る
(あらすじ)
父の危篤の知らせを受けて、20年ぶりに故郷ブエノスアイレスの土を踏んだカルメン。
かつての軍事クーデターで、非情な体験をして以来、彼女はアルゼンチンを離れ、
過去に決別するように生きてきたのだ。
久しぶりに再会した家族にも背を向け、こっそりと借りたアパートで、カルメンが壁越しに耳を傾けるのは、
若い男が朗読するエロティックな言葉の数々。
声の主は、顔を見せない条件で雇った男娼・グスタボだった。


一見、倒錯的なラブストーリーかなと見せて、その奥は意外と深かったです。
過去に起こったクーデターによる惨劇が、20年経った後も、登場人物達に影を落とします。

カルメンは、移住した先マドリードで成功し、一人悠々自適に暮らしています。
クールに見える彼女ですが、20年前のクーデターの際、監禁され、また夫と幼い子どを失い、
深い傷と恐怖を心に抱えています。
そのため、性格は堅固になり、聴力は敏感になり、人と触れ合うこともできなくなってしまいます。

そんな彼女の性欲を満たすのは盗聴。
最初は、男女の情事を聴いていたカルメン。
そして次は、男のほうに官能小説を読ませ、その声にうっとり。
壁一枚を挟んだ歪な関係。
ですが、その関係は、さらなる刺激と喜びもって破られます。

いつしか互いに惹かれ、触れ合うことを拒み続けていたカルメンも
しだいに変わってゆき、拒み続けていた人の温もりに、
かつて失ったものを取り戻していきます。
そして過去の影とも向き合うことになります。

本作でも、ガルシアの色っぽさ(妖気?)が放出されています。
年上の女性や男性にモテモテですねー。(笑)
母性本能とか、庇護欲を刺激するんでしょうか。
ただ関わったら、火傷では済みそうにないので、怖い気もしますが。

ストーリーは、ドロドロになるかと思ったら、ラストは新しい希望のようなものが見て取れて、
少し救われたかな?と思えました。

ランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


はい~
ガルシア作品をレビューすると、
もれなく耽美な世界v-254に誘われます。(笑)
最初はかなり妖しい雰囲気が漂っていますが、
メインテーマはシリアスですよ。
タマ | URL | 2008/04/30/Wed 01:04 [EDIT]
お~、2連発ですか。今回もv-254系?この作品は未見ですが、怪しい雰囲気がヒシヒシ伝わってきます。覚えておきます。
応援ぽち
Whitedog | URL | 2008/04/29/Tue 22:37 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。