映画大好き・シネマっぷ!
大作からB級映画まで、バイオリズムで映画を選ぶ管理人の映画レビュー。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【バタリアン2】★☆32点
バタリアン2バタリアン2
(2007/10/12)

【製作】1987年、アメリカ
【監督】ケン・ウィーダーホーン
【出演】トム・マシューズ 、ジェームズ・カレン
(ホラー・コメディ)
商品詳細を見る
(あらすじ)
死体をゾンビ化させてしまうガス缶を発見したジェシーとその仲間たち。3人がドラム缶を叩いてるうちにガスが噴出、地中へと溶け込んでいったガスは、墓場に埋められた死体を蘇らせてしまう…。


ゾンビの走るスピード: 従来比30%ダウン↓
ゾンビの怖さ: 従来比50%ダウン↓
ゾンビの強さ: 従来比45%ダウン↓
ゾンビの賢さ: 従来比30%ダウン↓
ヘタレ度: 従来比120%アップ↑


一作目のあのシュールさは一体どこへ!?と叫ばずにいられない。
本作もTVで一度視聴した覚えがあるのですが、あまり記憶に残っていなかったので、
DVDにて再視聴してみたのですが・・・そりゃ記憶に残らないわけですわ。

弱くて安ものメイクのバタリアン。
走るのが遅いバタリアン。
バタリアンに踏まれるバタリアン。
M・ジャクソンなバタリアン。
感電死するバタリアン。


・・・こんなバタリアンに誰がしたぁあああー
バタリアンやるならプライド持てよー!と理不尽な要求を押しつけたくなるほどバタリアンがパワーダウン。
強くないバタリアンは、ただのゾンビ。

ところで人間側といいますと、俳優陣では前作に出演していた、おまぬけコンビが再登場。
本作ではさらにヘッポコです。ガールフレンドも立ちすくんでキャーキャー言うだけで、
生き残る気合いが見られません。
ただ、ゾンビ化した彼氏のために、自ら進んで脳みそを食べさせてあげる健気さは買い・・・なのか?
とにかく、出演者がお互いに足を引っ張り合って事態をグダグダにしています。

TVを見ていた時の記憶では、本作でも変な名前がバタリアンに付けられていたような気がします。
ドーナツなんとか・・・とか?はて?オバンバも再登場してました。ファンサービス?

始終グダグダでゆるい作品でした。演じてる俳優さんたちは楽しそうでした。
あと、ゾンビ作品を見て常々思うことなんですが、死体は火葬にしたほうが良い。
日本は火葬派でよかった、よかった。

Blogランキング投票よろしくです。ranking にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


whitedogさま
日本に生まれてつくづく良かったと思います。(苦笑)
脳みそを食べるのは、1作目のバタリアンいわく
「死の痛みが和らぐ」からだそうです・・・(^^;;
オバタリアンは、当時流行語にもなりましたよね、確か。

応援ありがとうございます。
タマ | URL | 2008/03/04/Tue 12:41 [EDIT]
そういわれると、日本ではこんな映画生まれませんね。火葬だし。
なんで脳ミソなのか未だに分かりません。おいしいから?
タールマンやらオバタリアン(違いますね)やら色々でてきて面白かったです。
応援ポチ
Whitedog | URL | 2008/03/03/Mon 22:01 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 映画大好き・シネマっぷ!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。